伊勢志摩の旅@「華麗なる一族」の舞台へ~

 キムタク主演で有名になった、山崎豊子の小説「華麗なる一族」のオープニングのシーンで
万俵家の一族が、お正月に集うこのホテルは、
最近リニュアルした「ベイ・スイート」もモダン感覚で素敵だけど

やはり、このホテルを印象付けたのは、高橋シェフが有名にした、こちらのレストラン↓

c0188784_1644277.jpg


ここのレストランから見る穏やかな志摩の海に沈む夕陽の美しいことは原作にも綴られている~~

c0188784_2254620.jpg


現在は高橋シェフは勇退し、「志摩観光ホテル・クラシック」として名前も変わり
レストランの雰囲気は、昔のまんまだけど、こちらも
名前は「ラ・メール クラシック」に~

c0188784_16453562.jpg


以前は、フレンチのコース・お昼でも、ひとり約5万円(~_~;)
いくら美味しいとはいえ、特別な日にしかあの時代がかったメニューのフレンチはいただけない・・
しかも、家族で出かけると、とんでもないので

「お正月は、シマカン(地元では、こう呼ぶ)で
<華麗なる一族>を真似て「カレー」を食べよう!」って??

・・・と、ここの名物でもある「海の幸のカレー」を食べに出かける「N家の一族
であった~~(笑)

そんな「カレーなる?」思い出も、懐かしく、久しぶりに母と、お食事に~~

c0188784_16473649.jpg

大倉陶園の、クラッシックな青と白の英虞湾の景色を絵柄にした
プレートに、このレストランの「歴史」を感じ~~
まずは、白ワインで乾杯!

今回は、特別メニューの「美味し国おこし 黒鮑コース」を選択~~

   ~~オードヴルヴァリエ・三重の幸~~

c0188784_16483132.jpg


黒あわびのテリーヌ松坂牛のローストビーフなど、ひとつひとつが厳選した素材で
満足の「三重のお味の競演」!おいしゅうございます~~

お口直しのお野菜も、「こんな風にお出しするといいね」~と母と、お勉強・・

c0188784_16494913.jpg


   ~~伊勢海老クリームスープ~~

c0188784_16503953.jpg


濃厚な伊勢えびの味の生臭さを消すためにオーブンで焼く、昔なからの定番メニューは、
高橋シェフ自慢のレシピのまんま、今に伝えられ~~

   ~~黒鮑ステーキ・鮑の肝エマルジョンソース~~
              *季節の野菜を添えて*

c0188784_16511942.jpg


伊勢志摩の黒鮑は貴重な高級品なので、もちろん美味!!
焦げたバターに、あわびの肝でつくったソース・・でいただくセロリや人参たちも
主役級のお味でニッコリ(*^。^*)

漫画「美味しいんぼ」の「あわび対決」でも、登場する「名物料理」のひとつで
今も「看板メニュー

   ~~デザート~~ 
          炒りゴマのブラマンジュと伊勢茶のシャーベット
          あおさのフィナンシェ添え

c0188784_16515192.jpg


これまた、スタンダードな美味しさに
厳しい母も「合格点」を出す(笑)

紅茶も、温かく、美味しいダージリンをいれていただき、これは、
他のレストランでがっかりしてしまう紅茶のまずさから比べると、うれしい美味しさで感動@@

最後に、振り返る懐かしの「ラ・メール

c0188784_18242290.jpg


私が幼少の頃、初めて覚えたフランス語が「ラ・メール」=「海」・・・

このフレンチレストランには藤田嗣治の名画も当時を懐かしむように飾られている



   ~~つづく~~
トラックバックURL : http://chanmie.exblog.jp/tb/14585404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akageno-ann at 2010-06-15 23:17
出た~~~と言わせて!・・華麗なる一族・・山崎作品の中で一番最初に読みました・・もちろん大昔のテレビも見ましたよ・・このレストランでの正月の食事風景は忘れられません。ミンミン師匠の語りがまた私の心を揺さぶります・・高橋シェフは愛読書 四季の味 でずっと料理エッセーを書いていらっしゃいましたね!
伊勢まで行って・・ここを素通りしてきた私としてはここは一生のうちに必ず・・と思ってしまいます!
Commented at 2010-06-16 00:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maribaba at 2010-06-16 07:11 x
今Annさんのコメントを読み、さらにミンミンさんの
この旅の素晴らしさを感じていたところです。
美しいプレゼンテーション、あーこんな風に
おもてなしお料理ができたらどんなにいいでしょう。
↓の記事も興味深かったです。
さかな君??
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 07:54
★annさんへ★
私も昔のTVも観ました@@
「華麗なる・・」には、「金田中」も登場したり、その当時の老舗グルメの
オンパレード・・こういう見方で、読み返すのも楽しいです~
「高橋シェフを囲む会」といランチ会の参加は、忘れもしない上質な素材で特別なメニューの試作があり、出かけていました~
今は「ベイスイート」というハイクラスのホテルにレストランもモダンなものが新設されました!!こちらへの、ご宿泊も、美しい景色と
共に、おすすめですよ~
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 07:59
★0:29の鍵コメちゃんへ★
「さかなクン」の、それはブログには書けないですもんね~
「華麗なる・・」の舞台のここは、伊勢志摩観光のグルメなハイライトシーンでもあります~
「課外授業」の中にも、組み入れたいスポットです~
昔に比べたら、リーズナブルになったのは、うれしいけど
東京からのアクセスが時間かかるのが難点ですね(・_・;)
次回ネタは「お伊勢さん」ですよ~~
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 08:03
★maribabaさんへ★
「小説」や「TV」に出てくる舞台って、すごく興味があり
雑誌の取材などでも、とりあげる仕事も楽しくて、以前ここも
紹介したことはあるのですが、その頃に比べると
華やかさに欠け「クラシック」面が強調??

「さかなクン」は魚に詳しい、タレントさんで、独特のキャラで人気があります~
タレント名が「さかなクン」なんです(笑)
Commented by sorade-su at 2010-06-16 08:55
ランチが5万!?
朝から、ぶっ飛びましたよ!目が覚めた~~!(笑)

三重の美味しいとこどりコースですね!!
松阪牛がオードヴルで出てきちゃうなんて!!
そしてメインがどーんと黒鮑のステーキ・・・
うっとりです。もうため息しかでないですよ。

私も美味しいものを求めて、また三重に行こう!と決めましたヾ(´▽`*)ゝ
Commented by mamejiro19 at 2010-06-16 09:01
おはようございます!素晴らしい黒鮑コース目にも美味しそう~❤
この景色をながめながらなんて、最高にゼイタクですね。
しかし以前の5万円ランチコース・・・。
いったいどんなメニューだったのか、見てみたかった^^。(見るだけ^^)

伊勢神宮?!憧れの地です。楽しみ~。
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 09:06
★ sorade-suちゃんへ★
バブル期の価格なので(・_・;)
今回はふたりでも、グラスワインだと、しっかりおつりがきます
ただ「ベイスイート」のディナーは3万円が最低かな?

昔は伊勢えびやあわびばっかりだったけど、今のメニューはバリエーション豊かで、ポーションもちょうどよかった(*^。^*)

次回ネタの「お伊勢さん」は、昨年楽しまれたもんね~
いつか「鳥羽のグルメ」も紹介しますね!
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 09:16
★mamejiro19さんへ★
メニューも、「志摩の夕陽の~~」とか「神々の~~」とか、それはもう
時代がっかたネイミングで、私の世代の「家庭画法」あたりでは、
しょっちゅう特集されてました・・・
ご招待などの特典がないと自分のお金ではね~~(笑)

伊勢は「再会地」の候補地だったりして?
Commented at 2010-06-16 10:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 13:57
★10:41の鍵コメさんへ★
いつか、ホントにみなさんとご一緒できる日がきたらなんて
夢を妄想しております
セミナーの件はリョウカイです~
お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします
 9月は楽しみが増えましたね(*^。^*)
温かいお言葉、心に沁みますよ~~ありがとうございます~
Commented at 2010-06-16 16:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chanmie526 at 2010-06-16 20:33
★16:39の鍵コメちゃんへ★
雰囲気はクラシックで、お味が変わったわけではないけど
「ベイスイート」にディナーが「正統派」のようです~
ただ、昔からのファンや「華麗なる~」を読んできたファンは、
古きよき時代を育んだこのレストランを訪れてみたくなるのかも?
ぜひ、伊勢&鳥羽観光も交えてお出かけくださいませ~~!!
by chanmie526 | 2010-06-15 22:07 | レストラン | Trackback | Comments(14)