泉あふれるエクス・アン・プロヴァンス

リュベロンの村を訪ねたあと、エクス・アン・プロバンスへ~



c0188784_00495635.jpg




 大きな噴水ラ・ロトンドのあるドゴール広場がシンボルであるように
各所に噴水があるこの町は地元の人には「エクス」として親しまれている。




c0188784_00573067.jpg

 1989年NHK放映のサスペンスドラマ『詩城の旅びと』は、
この「エクス・アン・プロバンス」が舞台で、その頃から憧れの地。


 とりわけ、ミラボー通りに面する緑色のテラスのカフェはどのガイドブックにも
紹介されている人気店だ。

ピーター・メイル著の『南仏プロヴァンスの12ケ月』の6月の章でも紹介されている、
『ル・ドゥ・ギャルソン』




c0188784_00560028.jpg


1792年の創業で、画家スザンヌやピカソ、カミュ・ゾラなど名だたる著名人がここを訪れている。
 今も尚、テラス席は地元客や観光客でも賑わっていて活気がある。



c0188784_23200907.jpg

 テラス席にすわってみたかったが、南仏の外気に勝てずに
室内をセレクトすると誰もいない優雅な空間も、
古き良き時代を彷彿させ心地いい。


c0188784_00562967.jpg


 地中海のタコとプロヴァンスのオリーブサラダは、自然の恵みを感じ、
素材のもつ味そのものが美味だと実感し、


c0188784_00565691.jpg


 ビーンズと野菜を煮込んだ豚肉の赤ワインソテーは
プロヴァンスのハーブスパイスが効いて、食がすすむ。


c0188784_00564727.jpg

 ホントはワインがあうとわかっていても、
ミンミンゼミは紅茶をオーダー。


メニューには紅茶の種類がいくつかあって、
「セイロンブレンド」を。

あらかじめお湯が入ったポットと、
OPサイズの茶葉が入ったティーバッグが用意され、
エアコンの効いた室内で温かい一杯の紅茶は旅の疲れをリフレッシュしてくれる。




c0188784_00582386.jpg


青い空とプラタナス並木。
赤いテラスと、くればシャッターを切りたくなる衝動??



c0188784_00561212.jpg


やはり、ここにもあの3連のパフォーマンスが@@


c0188784_00581146.jpg


 カフェ好きの私には たまらない路地裏が広がり、
「街歩き好き」は、ここプロヴァンスでも「健脚」を誇る?(笑)



c0188784_00571532.jpg

まぶしい光が差し込むプロヴァンスの6月。


c0188784_00570760.jpg


メリーゴーランドは何処にも~~



c0188784_20540159.jpg


 ミッション③を忘れてはいけないので、
先を急ぐことに~~




~~ つづく ~~



  ~~ TEA MIEからのお知らせ ~~


7月22日(火)のプロヴァンスのお茶会は
午前11時スタートです。

お待ちしていますね(#^.^#)



*TEA MIEプロヴァンスのお茶会の詳細は→★★★








トラックバックURL : http://chanmie.exblog.jp/tb/22388653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by urushi-yoshiko at 2014-07-23 06:29
今の季節はテラス席が大人気ですね。
私も外とがとても気持ちよかったので日差しの事も忘れていたら・・・
かえって来たら足まですごい日焼けにショックでした(笑)
豚肉のワイン煮込みに朝からそそられています(笑)
次はどんなミッションなのか・・・楽しみです♫
by chanmie526 | 2014-07-21 23:56 | フランス/フランスのティーパーティー | Trackback | Comments(1)