ピエール・オルシ@リヨンのランチ

フランスレポ、リヨンの街に戻ります。そう、ランチタイムから。

『美食の街』リヨンだけに、
名だたるフレンチの巨匠の星付きレストランが候補にあがりますが
アクセスも郊外に位置し、プライスが、もう一度、日仏が往復できるくらい(-_-;)

なので控えめに・・・
ミシュランの星ひとつ獲得のレストラン「ピエール・オルシ」へ→「公式HP」(音楽が流れます)


c0188784_22494470.jpg

 石造りの一軒家フレンチ。
ウエイティングルームもステキ~


c0188784_22525312.jpg




1階のレストランはディナー用かな?


c0188784_20573977.jpg

階段を上がり2階へ。
ガラス天井で太陽が差し込むパティオのような空間に通されて、



c0188784_22502758.jpg

 
 籐の椅子に白いリネンのクロス。
ジャガール・フランセのピンクがフランス・リゾート感覚のテーブルですね~



c0188784_22091602.jpg



ピンクのゼラニウムをあちこちに無造作に配置するセンス。
TEA MIEでも、マネしてみたいテクでした~~





c0188784_22090864.jpg

 堅苦しい格式ばった雰囲気とは違い、フレンドリーな感じも
旅行中のランチとしては、ほっとするかな?



c0188784_22530757.jpg



小粋なマダム↓の配慮もうれしい。
 籐のバスケットから身長の低い私の椅子にクッションを
用意してくれたり、暑がる私には籐のうちわまで・・。


c0188784_23520416.jpg


まずはシャンパンとオレンジジュースのWオーダーで
「自分ミモザ」(笑)
ベルナルドのバラ柄のプレートがフェミニン♪



c0188784_22104454.jpg

アミューズはグリーンピースのムース~~




c0188784_22082862.jpg


オードブルから、どのお料理もシルバードームでサーブされ、
じゃじゃ~んと登場@@
 ボリューミーなフォワグラのソテー



c0188784_22085751.jpg


~~ 殻つきオマール海老のオルシ風 ~~


c0188784_22513186.jpg

~~ ブレス鶏のグリル 温野菜  ~~




c0188784_22515191.jpg


~~ フロマージュのアラカルト ~~



c0188784_22092477.jpg


~~ アプリコット・ソルベ ~~


c0188784_22105427.jpg


~~ プティフール ・ チェリー ~~


c0188784_22520921.jpg

~~ デ・セールたち ~~


c0188784_22110466.jpg

紅茶は、2ポット方式で
アッサムをお願いしましたよ~



c0188784_22095513.jpg


シルバーのティーセットに、こちらのカップ&ソーサーは
ドイツ・BAUSCHER。



c0188784_22094547.jpg



 奇をてらわないスタンダードなフレンチは素材の良さを充分引き出す美味しさで、
ボリュームあるポーションでしたが完食できましたよ(#^.^#)


個人的には、お味はもちろん良くて満足でしたが、

レストランの雰囲気や、シェフのピエール・オルシ氏が直接各テーブルに、ご挨拶されたり、

マダムの配慮など、まさにホスピタリティあふれる「おもてなし」が
とてもエレガントで感激しました(#^.^#)




c0188784_22541352.jpg


~~ つづく ~~



~~TEA MIEからのお知らせ ~~


*7月29日(火)のレッスンは午後12時スタートです。

 お待ちしております(#^.^#)





トラックバックURL : http://chanmie.exblog.jp/tb/22408481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chanmie526 | 2014-07-28 05:30 | フランス/フランスのティーパーティー | Trackback | Comments(0)