ラ・ベル・エポック@ホテル オークラ




c0188784_08403159.jpg


ホテルオークラ別館12階は
なんだか別世界の壁紙に長く続く廊下の先に・・




c0188784_08400445.jpg



エントランスではタキシード姿の男性陣が、お出迎えをしてくださるので
カメラはこのあたりで遠慮しておきましょう(-_-;)


c0188784_18155825.jpg
(↑ 画像はHPより、お借りしました)



フランスのノンアルコールのロゼシャンパンは なんと江戸時代からの
レシピだというレアもの~~


c0188784_08343428.jpg


雅やかな店内には開業以来伝えられてきたステンドグラスやティファニーのランプが設えられ、

当時の「古きよき時代=La Belle Epoque」の華やかさと気品を感じますね~

ウエルカムのショープレートも金彩りもエレガントな
”ノリタケ”で納得。

港区あたりのビル群が見渡せる窓からの景色は
重厚な雰囲気の中、解放感を与えてくれて、写真撮影OKと聞き、
こっそりパチパチ撮り始める落ち着きのない私でしたが・・


c0188784_08342618.jpg

お食事は・・
伝統のフレンチにプラス斬新なアイディアも盛り込まれた雰囲気。

この日のテーマが『日本の美を極める・近代絵画が彩る四季・花鳥・風情』という
特別コースで、まさにアートの世界観でした~~

・アミューズ
  2層のガスパチョ


c0188784_08394418.jpg


・マリネした帆立貝を和庭園のイメージで ソースジェノヴァ


c0188784_08340678.jpg

・ベトラヴ風味のコールドコンソメ 
  ヴィシソワーズのエスプーマとともに



c0188784_17394702.jpg

・チーズフォンダンで覆ったすずきのポワレ
  サフランの香る白ワインソースで描いて


c0188784_08345571.jpg



・パッションフルーツのシブーストとココナッツアイスクリーム





c0188784_18375322.jpg

ミニャルディーズ

c0188784_08344770.jpg


ミニャルディーズはワゴンサービスで

スペシャルサービスで「お好きなものを」~~



c0188784_08344196.jpg

紅茶は、はずれのないようにアイスティーにしてみましたが

飲みっぷりのいい私に、すかさず「お替り」を持ってきてくださるところは
うれしかった(笑)


c0188784_08330380.jpg

来年のホテル・オークラのリニューアルに伴い、こちらのレストランの優雅なアールヌーボーのインテリアも

一部は残されるそうですが、変わってしまうのだとか・・。

 きっと時代の流れに逆らえずにモダンなインテリアに生まれ変わっちゃうんだろうな(-_-;)


確かに、12階につくと、すぐに目につく
このピアノは↓今の時代には、ちょっと浮いちゃうのかも?(-_-;)



c0188784_17533673.jpg


ホテル・オークラの重厚な雰囲気は
昭和の良き時代、まさに”ベル・エポック”思い起こす、なんだか背筋の伸びる場所。


c0188784_18045425.jpg

平日の地下のアーケードや、吹き抜けのロビー。

オークラらしき格式はこれからも残していってほしいな~



c0188784_18332640.jpg






トラックバックURL : http://chanmie.exblog.jp/tb/22539891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sorade-su at 2014-09-03 13:22
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません!
9月14日、まだ空いていますでしょうか?
参加をお願いしたいです^^
よろしくお願いします!!
Commented by urushi-yoshiko at 2014-09-04 07:57
以前年配の男性が、レストランは沢山あるけれど、やはり老舗ホテルで食べるお料理は間違いないとおっしゃっていました。
伝統で受け継がれている味は王道なんでしょうね。
こちらのレストランも特別の空間に入っていきま〜すの感じが好きです。
by chanmie526 | 2014-09-02 18:32 | レストラン | Trackback | Comments(2)