2014年 03月 16日 ( 1 )

春の訪れを告げる「啓扇桜」に魅かれて
水と緑と光あふれるアトリウムロビーへ~~

c0188784_20405324.jpg


女子の憧れ、三段アフタヌーンティースタンドが運ばれ~~

c0188784_20431434.jpg

あれ?
この並びに、スコーンはないから
あとから温かいスコーンが運ばれてくるのかな?

まずはサンドイッチ代わりだろうから、
中段の
「イングリッシュスタイル クロスティーニ」から
いただきましょう~~

c0188784_20445489.jpg

 ガラスの容器に、玉子のサラダ、
スモークサーモンのタルタル、胡瓜とディルのクリームチーズ添えが
入っていて、スプーンで適量をとりいただくスタイルは面白いな!!

TEA MIE的にもφ(..)メモメモ。

次は一番下の段が気になります@@

ピエール・ガニェール・パン・エ・ガトーのサプライズボックス

c0188784_21563588.jpg

 最初、三段スタンドが運ばれてきた時には黒いボックスのフタはしたまんま。

箱をオープンしてラブリースイーツの詰め合わせが登場するのも演出のひとつ♪

c0188784_2150973.jpg


そして、上段には、

「苺のダークチョコレートフォンデュ」
(以前、ロンドンのATでも、出てきましたが、
その時にはスイーツのひとつとして、今回は
これが、まさかのスコーン代わり?)

c0188784_20474663.jpg


紅茶は、ひとり1種類。

同じ茶葉でなら「おかわり自由」。

2種類をオーダーしてシェアすることにしたので、
スタンダードに、

マリアージュフレールのマーガレッツホープ茶園、
「ダージリン オータムナル」

c0188784_20491817.jpg


↑ おやっ? このティーサーバーは・・・・。

 もう1種類も、私の好みで、
「サモヴァ」ティーの「イスタンブールナイツ」

~新鮮で刺激的なオリエンタルブレンドは、異国情緒たっぷりの官能的なアロマ~

と、メニューに書かれていましたが、
確かにエキゾチックで刺激的な香りとお味は個性的!

c0188784_22649.jpg

「おかわり自由」ということで、お願いしてみると・・・・

や・やはり(~_~;)

茶葉を変えずに、お湯だけが注がれてきて、蒸らしても
色のついたお湯状態・・・・。(右上↑証拠画像(爆))

「紅茶」についての「・・・・」は
毎回、疑問多しで、ミンミンゼミの心の声を
聞いていただきたいです(~_~;)


外国人ゲストも多く
ANAインターコンチネンタル東京のホテルラウンジは
高い天井が開放的で心地いい空間。

c0188784_21531038.jpg


ピアノ&サックスのスタンダードジャズの生演奏は
優雅な気分に華を添えてくれます(#^.^#)

ティーフードも全部美味しくて完食したのですが、

最後まで期待していた
「スコーン」は運ばれないまま(←しつこい(笑))
(定期的にメニューは変わるようですので、
またきっとスコーンは「復活」するかと思いますが・・。)

ここはAT本来の「夕食前のつまみ食い」っていう感じで、
新感覚でアフタヌーンティーを体感するには
好奇心をくすぐってくれますね(#^.^#)

c0188784_10292.jpg



 ここでは、やはり
「ピエール・ガニェール・パン・エ・ガトー」のコーナーで

お好きなケーキをセレクトして、紅茶をテイクアウトして
併設のスタンドでいただくのも「おすすめ」なんですよ~

c0188784_23294319.jpg


↑ 「ストロベリーパンサー」

いつかTEA MIEでお出ししたいと思いつつ、
このケーキにあうテーマがなくて登場できないまんま。

苺のコンポートと練乳風味の濃厚なクロテットクリームが入った
苺のムースが美味しくて、軽めに淹れたスタンダードな紅茶との
相性も良かったですよ(#^.^#)


「ミンミン・スイーツ&TEAさんぽ」は
あたたくなってきたので、これからが「本番」ですね~~


TEA MIEレッスンの詳細は→こちら
by chanmie526 | 2014-03-16 01:15 | アヌタヌーンティー | Trackback | Comments(10)