カテゴリ:フランス/フランスのクリスマスTP( 43 )

リュベロンの村を訪ねたあと、エクス・アン・プロバンスへ~



c0188784_00495635.jpg




 大きな噴水ラ・ロトンドのあるドゴール広場がシンボルであるように
各所に噴水があるこの町は地元の人には「エクス」として親しまれている。




c0188784_00573067.jpg

 1989年NHK放映のサスペンスドラマ『詩城の旅びと』は、
この「エクス・アン・プロバンス」が舞台で、その頃から憧れの地。


 とりわけ、ミラボー通りに面する緑色のテラスのカフェはどのガイドブックにも
紹介されている人気店だ。

ピーター・メイル著の『南仏プロヴァンスの12ケ月』の6月の章でも紹介されている、
『ル・ドゥ・ギャルソン』




c0188784_00560028.jpg


1792年の創業で、画家スザンヌやピカソ、カミュ・ゾラなど名だたる著名人がここを訪れている。
 今も尚、テラス席は地元客や観光客でも賑わっていて活気がある。



c0188784_23200907.jpg

 テラス席にすわってみたかったが、南仏の外気に勝てずに
室内をセレクトすると誰もいない優雅な空間も、
古き良き時代を彷彿させ心地いい。


c0188784_00562967.jpg


 地中海のタコとプロヴァンスのオリーブサラダは、自然の恵みを感じ、
素材のもつ味そのものが美味だと実感し、


c0188784_00565691.jpg


 ビーンズと野菜を煮込んだ豚肉の赤ワインソテーは
プロヴァンスのハーブスパイスが効いて、食がすすむ。


c0188784_00564727.jpg

 ホントはワインがあうとわかっていても、
ミンミンゼミは紅茶をオーダー。


メニューには紅茶の種類がいくつかあって、
「セイロンブレンド」を。

あらかじめお湯が入ったポットと、
OPサイズの茶葉が入ったティーバッグが用意され、
エアコンの効いた室内で温かい一杯の紅茶は旅の疲れをリフレッシュしてくれる。




c0188784_00582386.jpg


青い空とプラタナス並木。
赤いテラスと、くればシャッターを切りたくなる衝動??



c0188784_00561212.jpg


やはり、ここにもあの3連のパフォーマンスが@@


c0188784_00581146.jpg


 カフェ好きの私には たまらない路地裏が広がり、
「街歩き好き」は、ここプロヴァンスでも「健脚」を誇る?(笑)



c0188784_00571532.jpg

まぶしい光が差し込むプロヴァンスの6月。


c0188784_00570760.jpg


メリーゴーランドは何処にも~~



c0188784_20540159.jpg


 ミッション③を忘れてはいけないので、
先を急ぐことに~~




~~ つづく ~~



  ~~ TEA MIEからのお知らせ ~~


7月22日(火)のプロヴァンスのお茶会は
午前11時スタートです。

お待ちしていますね(#^.^#)



*TEA MIEプロヴァンスのお茶会の詳細は→★★★








by chanmie526 | 2014-07-21 23:56 | フランス | Trackback | Comments(1)

 今年の南仏のラヴェンダーの見ごろの時期は例年より早かったようで
6月末、お天気にも恵まれ~~



c0188784_23222972.jpg


ゴルドの村から2キロ坂道を下り、谷の中に
ラヴェンダー畑が点在するわけで~~



c0188784_23262835.jpg
 
 おかあさん。(←わかる人は、わかる「あのパロディ」です)

どうやらプロヴァンスには、「ラヴェンダーを見たかったら、セナンク修道院」という
模範解答があるようで・・・


c0188784_20344698.jpg


その「セナンク修道院」が「プロヴァンスの三姉妹」のひとつらしく、

 6月30日、私は その「名所」を訪れてきたのです。


c0188784_23235535.jpg


どこからやってきたのか?観光客も、この秘境の地の一番輝く時に
「記念撮影」をしていて、


c0188784_23272867.jpg


あんなに昔は記念撮影が好きだった三姉妹の次女は、
今は 風景や食べ物ばかりを写しているわけで~~


c0188784_00051133.jpg

おかあさん、

ここに来て「プロヴァンスでラヴェンダー畑を見る」という
ミッション②は達成し、



c0188784_23271532.jpg

ほっとしたのが本音です。


   ~『仏の国から 2014年 夏』~




 ~~ つづく ~~





by chanmie526 | 2014-07-18 23:59 | フランス | Trackback | Comments(4)


ピーター・メイル著「南仏プロヴァンスの12か月」で有名になったリュベロン地方。

 そのリュベロンでも、ひときわ人気の観光地、「フランスで最も美しい村」と称されたゴルド。



c0188784_00420199.jpg


 丘の頂の古城に向かって石造りの家々が階段状に折り重なっている村の景観は

ブリューゲルの描く『バベルの塔』とか、ジブリの『ハウルの動く城』・・
などと、形容されることもあるのが納得。




c0188784_00435144.jpg


アクセス至難の場所だから、よけいに有難く見える風景~~



c0188784_00424010.jpg


白い雲も なんだかのどかでいいな~~



c0188784_00461116.jpg



やはり、気になるのは斜面に張り付く建物群のある村のメインの場所。



c0188784_00060623.jpg


遠くから見ると「秘境」の風情だけど
車が通れるメイン通りもあって~~

c0188784_00443863.jpg


ピーター・メイル原作の映画「プロヴァンスの贈り物」の舞台となった場所だそうで、
 ヒロインが働いていたレストランは、このあたりのどこかに??




c0188784_00590156.jpg



南仏の太陽は惜しみなく降り注ぎ・・・



c0188784_00591200.jpg

 
 こんな素朴なホテル↓に泊まって、
時間を忘れてくつろぎたいな~~



c0188784_00444641.jpg



まぶしすぎる、この青空は「プロヴァンスの贈り物」?




c0188784_00450151.jpg


ノスタルジックなこの村で
 紅茶が飲めなかったのが残念だけど、



c0188784_00571893.jpg


2キロ先には、また
「プロヴァンスらしい風景」が広がりますよ~~



  ~~ つづく ~~




*TEA MIE紅茶教室は「プロヴァンスのお茶会」を開催中です。

 お気軽に、お問い合わせくださいね~

misakisakai777@yahoo.co.jp

坂井まで



by chanmie526 | 2014-07-17 23:13 | フランス | Trackback | Comments(1)


マルセイユから、イロイロあり、南仏レポに戻ります~

子供のころに歌った「アビィニョンの橋で踊ろよ♪ おどろよ~♪」の
あの「アヴィニョンの橋」がある街へ~~


c0188784_09574011.jpg
 

「サン・ベネゼ橋」という正式な名称があるみたいですが
世界的に「アヴィニョン橋」として有名ですよね?

想像した感じはもっとメルヘンチックな小さな橋かな?と。

実はローヌ川に架かる大きな橋で、今は途中で途切れているのですが、
建造当時は長さ900メートルもあったそうで、
行ってみないと、わかりませんね・・。


c0188784_09574772.jpg


観光用に、橋の上にあがり、「踊る」ことだってできるのです(笑)


c0188784_10043475.jpg

それより私が「心躍った」のは・・・


c0188784_10021405.jpg

そう、「プロヴァンスのお茶会」用のテーブルウエアたち@@


c0188784_10022716.jpg


やはり有名店↓は品揃いがいいですね~


c0188784_10084075.jpg

気に入った柄があっても、サイズがね(-_-;)


c0188784_10024631.jpg

後日、ブログでも紹介したいと思っているのですが・・・

ここのショップで
南フランスに行ったら絶対買いたいもの」を持ち帰ってまいりましたので、

TEA MIEレッスンで実際に
ご覧になってくださいね(#^.^#)


c0188784_10091395.jpg


買い物ばかりでなく城壁に囲まれた
世界遺産に登録されている「アヴィニョン歴史地区」を歩いてみましょう~~



c0188784_10070221.jpg

12世紀建造のノートルダム・デ・ドン大聖堂↓↓



c0188784_10032215.jpg
 
鐘楼の頂きに金色の聖母像が見えるので、
上に登ってみる?

c0188784_10052416.jpg

アヴィニョン橋もちらっと見えましたよ@@


c0188784_10053902.jpg


法王庁宮殿↓は、ヨーロッパ最大のゴシック宮殿だそうですよ~



c0188784_15500047.jpg


宮殿前のカフェは、平和な感じで落ち着きます~~




c0188784_15501591.jpg


ガイドブックも持たず、気のむくままに路地を歩きまわるのも、
迷路みたいで楽しい(#^.^#)



c0188784_16053983.jpg


 大きな広場に出ましたよ~~


c0188784_10035724.jpg


 中世の華やぎを今に伝えるクラッシックな建造物は
外観を見ているだけで、”ヨーロッパ”を感じますね~


c0188784_15445405.jpg



時計台広場のメリーゴーランドは
どの街で見つけても「メルヘン」気分で、つい乗りたくなるけど・・・



c0188784_10090265.jpg



いろいろ歩き回っていたら、お腹がすいてきました(-_-;)
 そう、明るいけど、もう夜の10時を過ぎている・・


カフェもライトアップの時間。



c0188784_15504864.jpg


簡単に夕食を済ませ、



c0188784_23102259.jpg



翌日は、
ホテルのボリューミーな朝食ビュッフェがうれしく食べるのに夢中。

↓開放的な空の光が入り込むレストランで、すっかりくつろぎ・・



c0188784_10042043.jpg
 

そうそう
一番大事な「紅茶」のレポを忘れていました(-_-;)



c0188784_10082318.jpg


フランス・『ダマン・フレール』のティーバッグ。

 ここはポットがおいてなかったのでカップでいただきましたが、濃さも調整できるし、

セイロンティーの紅茶らしい紅茶の味が懐かしく、
「フランスでの思い出の紅茶」になりました~~



  ~~ つづく ~~


~~ TEA MIEからのお知らせ ~~

別ブログで不具合が発生して
レッスン日程の変更などが更新できておりません。

とり急ぎ、こちらでご案内させていただきますね。


*7月22日(火) (満席


*7月26日(土) 午後1時からのレッスンの受付は行っておりませんので
          ご了承ください。

*7月29日(火)午後12時(残席2名


*7月31日(木)  午後12時~


*8月6日(水) 午後12時~ (キャンセル待ち


*8月18日(月) 午後12時~ (満席


*8月20日(水)  午後12時~


*8月23日(土)  午後1時~ (残席1名


お問い合わせは TEA MIE

misakisakai777@yahoo.co.jp


坂井まで




by chanmie526 | 2014-07-16 23:13 | フランス | Trackback | Comments(2)

名物、ブイヤベースを食べて旧港あたりを歩きだすと

マルセイユの「M」のマークが近代的なアートの街のシンボル♪


c0188784_00542379.jpg


すてきなレストランが並ぶ通りも
エトランゼ気分、はじける(#^.^#)


c0188784_00561716.jpg

港から水揚げされたばかりの新鮮な魚介類にも誘惑されつつ・・


c0188784_00562555.jpg


3人が連なる不思議な「大道芸」は他のプロヴァンスの地でも見つけたので
多分、何か意味のあるパフォーマンスなんだろうな?
 暑いのに、もはや「アート」だ!!



c0188784_00535342.jpg



こんな名所↓を歩いたり~~


c0188784_00532755.jpg


 
青空に、からっとした空気が気持ちいい~~



c0188784_01494948.jpg


ガイドブックで、いつも紹介されている有名な
「サボン デ マルセイユ」

c0188784_01012229.jpg


上品なパッケージが、プレゼント用にもいいかな?


c0188784_01013411.jpg


 でも、さっきの屋台のハート型の石鹸↓がよかったな~

と言っても旅先では、なかなか戻る時間がない。



c0188784_01010439.jpg


つまり、迷ったら「買おう」(笑)


 こんなカラフルなタイル前は「記念撮影」スポットで、海外の人たちが撮影してたけど、
私はタイルだけパチリ@@




c0188784_01014808.jpg

すぐ近くに ノスタルジックなお店を発見@@


c0188784_01015792.jpg


また、石鹸?
 そうそう、マルセイユに石鹸を買いにきたわけじゃない(-_-;)



c0188784_01141692.jpg


紅茶よ紅茶!!

それにTEA MIEレッスンでお出しするプロヴァンスのお料理に使う
調味料は、このショップ↓がセンスいいな~~


c0188784_01031052.jpg

店内撮影OK!!


c0188784_01031963.jpg

食料品は、ちょっと重いけど「現地調達」に、こだわるミンミン♪

(オリーブオイルだけは「ミレユンヌ」のものを日本で調達予定♪)




c0188784_01033539.jpg

ジュースはさすがに持ち帰れないな(-_-;)



c0188784_01174309.jpg

スピーディーに買い物を済ませて、

次の”ミッション”が待ってる!


c0188784_00545928.jpg


ハイライトシーンは、港の奥の丘に立つ

ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂~~

 

c0188784_00544207.jpg

金色に輝く聖母像は歴史あるマルセイユのシンボル。

この高台から眺める眺望が、すばらしいと
TV『旅サラダ』でも放映されていて、ぜひここへ行ってみたかった(#^.^#)

地中海と2600年の歴史ある旧港。


c0188784_00541638.jpg


ここは360度 マルセイユの街並みが見渡せる南仏の絶景@@


c0188784_01144215.jpg


・・・と、ここまでは夢のような旅の時間が流れていたのだが(-_-;)




~~ つづく ~~


~~~ TEA MIEからのお知らせ ~~~

こちらマルセイユ現地購入の紅茶やハーブ、調味料など
プロヴァンスの新しいテーブルクロスなども登場の
「プロヴァンスのお茶会」を7月&8月で開催いたします。

詳細はこちらです→★★★

どうぞ、お気軽に、お問い合わせくださいね~~



by chanmie526 | 2014-07-12 17:56 | フランス | Trackback | Comments(1)



『ミンミン・紅茶の旅』は、JANATのジャンナッツ・ドレス氏の出身地でもあり、
紅茶を含む世界のおいしいものを求めて彼が船出した港町、
南仏『マルセイユ』からスタート(#^.^#)

以前、ニースからバルセロナに向かう時には素通りだった町なので、
今回は、ぜひ訪れたかったマルセイユ。



c0188784_18150172.jpg


青い蒼い海は地中海。

ヨットが停泊する旧港の景観は、リゾート気分を盛り上げてくれる~~


c0188784_18155887.jpg

ちょっと、雲が残念だったけど、今回の旅行は一度も雨傘を使わないまま
晴天続きで、かえって曇りの日のほうが安心するくらい。



c0188784_00455146.jpg


 さて、どこに行っても、お買いもの好きな私は
旧港そばの屋台通りをそぞろ歩き、

『TEA MIE プロヴァンスのお茶会』で、テーブルに登場するものたちを物色~~



c0188784_18220536.jpg



c0188784_00524245.jpg

マルセイユといえば、石鹸も有名だし・・・


c0188784_18221818.jpg




どのフレーバーにしようか?迷ってしまうほどたくさんのお菓子みたいな石鹸たち@@



c0188784_01341451.jpg


 いろんなメーカーのものが買えるのが現地ならではの楽しみ♪


c0188784_01333451.jpg

「ラベンダー」はマストアイテム(#^.^#)

c0188784_00523352.jpg

地元の人にはダサダサのお土産も遠く日本からやってきたアジア人には
異国の気分~~?


c0188784_18222656.jpg


プロヴァンスらしいハーブも「買い」ですね~


c0188784_01342122.jpg


プロヴァンスの「TEA」も見つけましたよ@@


c0188784_18224829.jpg

ラベンダーのフレーバーティーは
まさに「プロヴァンス」~~♪


c0188784_18230434.jpg

ハーブティーも多い中、ブラックティーベースのTEAが見つかり
まずはミッション1・達成(#^.^#)


カラフルな鉄瓶人気はマルセイユまで~~


c0188784_18232976.jpg

マルシェの通りもだんだん雲がとれてきましたよ~~


c0188784_01415873.jpg


ランチはもちろん
マルセイユ名物「ブイヤベース」を食べなくては!!


テラス席で地元のお客さんや観光客が
海の幸を愉しんでいる雰囲気がステキで
「Le Miramar」へ~~



c0188784_18240968.jpg

テラス席も捨てがたいのですが;;


c0188784_18241907.jpg


やはり暑いのでエアコンの効いた
店内へ~~


c0188784_18242721.jpg


まずは オードブル
 やはり新鮮な魚介やにんにくがベースですね~


c0188784_18162257.jpg

そして・・・きました@@

本場のブイヤベース(#^.^#)


c0188784_00471765.jpg

最初に魚介類をこれだけ入れて煮込みましたよ・・的な
デモンストレーションがあり~~

最初に運ばれるのが その「スープ」のみ。


c0188784_00460365.jpg

パンににんにくやソースを塗りこみ、スープに浸して食べるている地元の人が多かったので
マネしてみましたよ(#^.^#)


最後に 日本でいう「ブイヤベース」がやってくる・・という二段階仕立て。


c0188784_18153651.jpg


正直、もうこれが運ばれた時点で、ギブアップ(-_-;)

デセールもそこそこに、またお買いものの続きを楽しみましょう(#^.^#)


c0188784_01345141.jpg



隣のお店もステキでしたよ~


c0188784_01444450.jpg

 さあ、これから旧市街を歩いて回りましょう(#^.^#)


c0188784_01350676.jpg

~~ つづく ~~



~~~ TEA MIEからのお知らせ ~~~

こちらマルセイユ現地購入の紅茶やハーブ、調味料など
プロヴァンスの新しいテーブルクロスなども登場の
「プロヴァンスのお茶会」を7月&8月で開催いたします。

詳細はこちらです→★★★

どうぞ、お気軽に、お問い合わせくださいね~~




by chanmie526 | 2014-07-11 09:30 | フランス | Trackback | Comments(4)

ラデュレ Love❤ kawaii

イギリスLove❤の記事が、続いたけど、やっぱりParisも好き(#^.^#)

ラデュレの新作ハンカチを見つけ@@

c0188784_14501450.jpg


広げてみると~
ラデュレスイーツそのもののイラストがラブリー(#^.^#)

c0188784_14515595.jpg


いくつになっても、こんなハンカチで、夢膨らみ、ニッコリ001.gif

c0188784_1554535.jpg


ラデュレカラーが、たまりません(・_・;)

c0188784_15101768.jpg


・・食べたい~♪
by chanmie526 | 2010-09-09 18:57 | フランス | Trackback | Comments(20)

Parisの「おみやげ」 kawaii

くるみちゃんから、いただいていたパリの「おみやげ」~~

c0188784_1110756.jpg


食べるのもったいないな~~と、思いつつ、昨夜、完食@@

c0188784_11121350.jpg


女子は、こういう「パスタ」好きデス♪
ごちそうさま~~
by chanmie526 | 2010-03-07 17:14 | フランス | Trackback | Comments(6)

 ようやく、ユーロスターの出発駅の「パリ北駅」に・・・
一応、事前にホームも確認してたので余裕で、列車を待つ・・・

c0188784_2045290.jpg


今回は「英国紅茶紀行」のはずが、なぜにフランス入国?

というのも、その昔、トーマスクックの時刻表でドイツやオランダ、イタリア、スイスなどのヨーロッパ諸国を旅していて「TGV」にも「タルゴ」にも乗ったのに、「ユーロスター」は未経験(-_-;)

(おや、1階のホームからは乗れないよ~~ 2階がエントランスだった~)
c0188784_21213011.jpg


ドーバー海峡をトンネルで結ぶ、昔でいえば夢のようなストーリーのその「ユーロスター」に乗ってみたいという私の中の「ミッション」は、いつか実現するだろうと・・・信じてはいた。

そんな思いでいた時に、クーパーちゃんとの出会いがあり、彼女はとにかく、イギリスが大好き❤

イギリスでの優しい英国人との触れ合いのエピソードで盛り上がったり、ロンドンで買った大切なリトグラフを私にプレゼントしてくれたり・・・

そんな彼女から、その当時の人気番組「プロジェクトX」にお父様がご出演されるという電話をもらう。

「ドーバー海峡のトンネルを造った日本人」という内容で、3人で出演されていた中のおひとりが、クーパーちゃんのお父様だった。
その感動的なエピソードに涙して、ますます「ユーロスター」体験を実現したく、何度かフランスがらみの旅行もプランとしてあがったけど、未知の国も魅力はあり・・・実現しないまま・・

あれから数年経ち、ついに「ドーバー海峡トンネル」を体験する日が!!
それも、帰国後、この記事をアップしたら、彼女に報告しようと思っていたら出発前日に、たまたま久しぶりにメールが届き、すごい偶然に、これまた「ユーロスター」に乗る意味が濃くなった@@

・・・と長くなりましたが・・・・
さて、乗りますか?と言ってもイギリスとの国境を超えるため、パリで英国入国手続きが待っていた・・・
c0188784_218013.jpgc0188784_2184012.jpg

















列車のクーポンがふたりで1枚のチケットなので、同時に入国審査。
すると、管理の方・・・見逃さないわね~~

「夫婦なのに、どうして英国の滞在期間が違うんだ?」・・・と、鋭い質問(-_-;)
 そう、主人だけ早く帰り、私だけ余計にロンドンにいるという計画・・・
怪しいんだろうな(笑)このアジア人@@

しかも、主人はホテル名のスペルをしっかり書いたけど、私はうっかり、パリのホテル名と混同して書いちゃった(笑)そんなに詳しく見ないだろうと・・・いつもの横着が@@

やれ「職業はなんだ?」「どんな目的で行くんだ?」と聞かれ・・・

思わず「TEA」・・・なんて言ったもんだから、また、ややこしい~~@@
「観光ですから!自由な夫婦なんですから」と、ようやくパス(汗)::

ある意味、ギリギリの乗車(-_-;)それでも、
一応、記念に撮影しておくよ~~
c0188784_20404955.jpg


あ^^~ようやく乗れたユーロスター@@
それはそれは、すごいスピードで走りますよ~(*^_^*)

車窓も楽しみつつ、「おやつ」に買ったラデュレのマカロンでもいただきましょう~~♪
c0188784_20433877.jpg

隣のお客さんに、このBOX↑、「ナイス セレクション」って、ほめられました~~
確かにすごいよ~ その中身!(^^)!
c0188784_20454811.jpg

主人は甘いもの食べないから(-_-;)マカロン三昧~~
当分、マカロンは、もういいデス@@

 私は「アールグレイ」やはり、ティーバッグ・・・ 主人は、やはりビール・・・
c0188784_212233.jpg



c0188784_20591364.jpg













感動のドーバートンネルを抜けると、もうそこは、イギリス!(^^)!
Paris-London間・・・約2時間20分

Paris 24」ようやく終了@@
大好きなパリ、今度はいつ行けるかな?

c0188784_21174169.jpg

c0188784_21183073.jpg

c0188784_2119685.jpg

by chanmie526 | 2009-07-03 21:39 | フランス | Trackback | Comments(6)

 日本でもおなじみの「マリアージュフレール」はフレーバード中心の紅茶専門店・・・
1854年に創業したこのお店の歴史もとっても興味深く、現在の経営の噂話も聞いたりすると、この目で確かめたいミンミンさん@@

「マリアージュフレール銀座店」のショップの地下にも、「紅茶の歴史」を学ぶと必ずでてくる、「ティーキャディー」とか、紅茶に関する古い文献など、ちょっとした「ミュージアム」になっていて気軽に見学させてくれる・・・

パリ本店の2階にも、そんな紅茶博物館のようなスペースがあると聞きつけ、メトロで、パリ市庁舎の近くの駅「オテル・ド・ヴィル」へ向かう~~

地元の人たちで賑わうホームセンターには欲しいものがたくさんあったけど配送できないし、まずは「ミッション」のひちつでもある「マリアージュフレール本店」潜入☆彡

c0188784_21325514.jpg

なんだか銀座店にそっくり!!っていうかTOKYOがマネしてるんだけど・・・
コロニアルな雰囲気のサロンではTEAをいただける~~

c0188784_21444058.jpg

ここも、他のパリのTEAの人気と同じで中国茶や日本茶系、そして「鉄瓶」も大人気@@

c0188784_21464020.jpg

「桜」の紅茶やTEAも、桜の季節が終わっていても、店のディスプレイに@@
このあたりも銀座店と、あまり変わりはなかったかな?

2階のプチミュージアムは興味深く、かなり時間が押してしまった(~_~;)

5時過ぎの「ユーロスター」に間に合うのか?
パリ北駅」は、少し遠いよ(-_-;)
あせる、ミンミン@@
素早くお買いものも終えて、ホテルで荷物をピックアップ!!

そして「Paris Nord」へは、ちゃんと発車50分前に到着☆彡
これで、念願のドーバー海峡のトンネルを通り、ロンドンに(^v^)

余裕だわ!!と思っていると・・・・


   ~~~~~~今夜は明日のパーティー準備で、ゆっくり書けません@@~~~~~~
            って、まだPARISのまま?(笑)ゴメンナサイ(~_~;)~~~~~~~~


   ~~つづく~~
by chanmie526 | 2009-07-01 21:56 | フランス | Trackback | Comments(4)