ワールドカップで日本が敗退したあとのワイドショーの主役は、「マラドーナ監督」・・

アルゼンチンチームの監督に就任しても、あのキャラクターは最高(#^.^#)
現役時代の雄姿をTVのライブ観戦してた私・・・(「似てる」と言われ、さらに親近感もアップだし)

いつかは行ってみたいと思っていた彼の故郷、アルゼンチンは、まさに地球の裏側に位置し、
首都ブエノスアイレスの情報も、なかなか日本で、紹介されることも少ない

c0188784_0213169.jpg


訪れてみて、初めて、この街のセンスの良さと、サッカー熱の凄さを肌で感じた~
公園では、子供たちがサッカーに興じ、大人もTV観戦に夢中だ~
マラドーナは「英雄」扱いでポストカードやグッズもたくさん販売されていた

c0188784_8234749.jpg


5月広場」近くのピンクの建物は「大統領府」・・・国旗も普通に販売されている~

その広場には、独立運動の英雄の一人で、アルゼンチンの国旗を創案したマヌエル・ベルグラーノ将軍の騎馬像が~

c0188784_04838.jpg


一方、広場近くのメトロポリタン大聖堂には、南米開放の父、ホセ・デ・サンマルティン将軍の遺体が護衛兵に守られ安置されていて~厳かな雰囲気

c0188784_0375354.jpg


車窓から垣間見る街の風景は、さすが「南米のパリ」と称される
ブエノス・アイレス・・

c0188784_0484629.jpg

まるで、ヨーロッパの雰囲気なので、日本のCM撮影などに、物価が安いので、
この街並みが、パリに似せて、撮影されることもあるという

次に向かう観光地、タンゴの題名にもなった、「カミニート」の街並みは、まったく違う・・

c0188784_0284272.jpg

カラフルなのに、品がいい@@

c0188784_038189.jpg


カミニートにも「大道芸人」発見@@
c0188784_0383111.jpg

この、雰囲気に溶け込んで~~ワンコにも衣装@@

c0188784_0384789.jpg


夕食はタンゴショーを鑑賞しつつ、アルゼンチン料理「アサード」という
「焼いたお肉料理」を食べながら、タンゴの調べの哀愁と芸術的なダンスに「ブラボォー」♪

c0188784_041911.jpg


翌日は、敬愛するエバ・ペロン、通称「エビータ」の墓地に出かける・・・
お墓とは思えないほど、素敵な建物?・・が、並んだレコータ墓地・・・

c0188784_8254064.jpg


その中でも、人だかりがたくさんの場所があり、 
そこに、今でも、偶像的な存在である「エビータ」が眠る・・

c0188784_1163493.jpg


生花は今も絶えないという・・
この人も、アルゼンチンが誇る人物だ

W杯・・優勝してほしい南米組のひとつ・・・
アルゼンチン

 「紅茶」は、あまり飲まないようだが(~_~;)
by chanmie526 | 2010-07-03 09:00 | 南米 | Trackback | Comments(22)