<   2010年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 いつもお世話になっているkaribu-chaiさん主催の「ハーブを愉しむお茶会」のセミナーに参加させていただきました~~
エントランス」のこだわりもセンスが光ります@@

c0188784_218973.jpg

ピンポ~ン」♪玄関には、こんなラブリーちゃんが「WELCOME」!!

c0188784_2194862.jpg


テーブルセッティングも整い~~「春のお花」がラブリー❤

c0188784_21381164.jpg

c0188784_23132510.jpg


「三位一体」の「イースタービスケット」とペニンシュラの「イースターチョコ」も「春」ですね♪

c0188784_2114213.jpg

イギリスで人気の「カップケーキ」と「春」らしい「バタフライケーキ

c0188784_121556.jpg


本日は「春の息吹を感じるお茶会」でも、あるので、それぞれ花柄のC/Sで~~

c0188784_184872.jpg

桜スコーン」となかなか手にはいらない「タカナシのクロテッドクリーム」と
チェリージャム」❤
いつもながら、手作り温かスコーンは断然、ホテルのATでいただくより
美味しいデス!!(言い切り@@)

c0188784_21195098.jpg


「ハーブ」のお話をたくさん、伺い、いろんなハーブティーや
紅茶にハーブで香りづけしたもの・・
た~くさん、いただき・・「さわやかな香り」「癒される香り」etc.を堪能し
お味の違いなども、愉しませていただきました@@

その後に、英国のAT定番の「キューカンバーサンドイッチ」を誰よりも多くいただき(笑)

c0188784_2117277.jpg


今日はこんなカラフルな英国のお菓子「トライフル」を~~

c0188784_21214316.jpg


karibu-chaiさんより「トライフルの作り方」を教わったので、
今年は頑張ってつくります!(^^)!

おみやげにイギリスの↓「ウィッタード」のティーバッグをいただきました~~

c0188784_2124574.jpg


いつもは「パスポートのいらない英国」のショプにかじりついているのですが
今日はその後のアポがあり、早々と失礼いたしました(-_-;)でも、お写真だけパチリ@@

c0188784_21411480.jpg

c0188784_21424716.jpg


karibu-chaiさん・・・毎回充実のセミナーありがとうございました(*^_^*)
いつもながら、たくさんいただき、美味しい満面の笑顔で!(^^)!ごちそうさまです!

ご一緒させていただいた皆様も
楽しいひとときをありがとうございました@@

by chanmie526 | 2010-03-30 22:25 | ティーセミナー | Trackback | Comments(12)

春のティータイム!(^^)!

東京・・・桜開花してからとういもの・・寒いデス(-_-;)
思惑どおりでは、あるものの・・寒過ぎのため
心も体もポカポカになる・・スプリング・ティータイムのご紹介♪

YURIKO先生のティーパーティーでのおみやげ・「バタフライケーキ」には「ハロッズNO.32のアッサム」を~~
フッチェンロイター」の水色のトリオも、さわやか!(^^)!

c0188784_22261429.jpg


朝食は「紅茶スコーン」をコッツウォルズで見つけた「ほっこり」トリオで・・
「F&M」の「イングリッシュ・ブレックファースト」でロイヤルミルクティーをつくり・・

c0188784_22451071.jpg


今年は4月4日が「イースター
YURIKO先生の手作り「イースタービスケット」には,
F&M」の「ロイヤルブレンド」をストレートと、ミルクティーで~~
こちらの↓トリオもコッツウォルズの老夫婦が経営するショップの片隅から
さわやかグリーンに惹かれて、お持ち帰り・・

c0188784_22333047.jpg


最近、甘いものは、これでも控えてるつもりなので・・
イタリアからきた・「トワイニング」の「LEMON SCENTED TEA
ポートベローで見つけた「春らしいC/Sで・・」

c0188784_23255735.jpg


alexcorgiちゃんからイギリスの、日本未発売の
ティーバッグ」をいただきました@@


c0188784_2248473.jpg

想像どおりの「レッド」なので、カップはピンクに~~❤

c0188784_11335059.jpg


クランベリーラズベリーエルダーフラワーの「Fresh&Fruity
やはり想像どおり、酸っぱかったので、はちみつで、ヘルシーにいただきました~❤

今日は・・Pちゃんとアイスティーを飲みながら・・
あまりの美味しくなさに、あきれ・・・
紅茶は、やっぱり「自宅」で、がいいな~と2軒めは
アイリシュパブにて・・ミントの香りいっぱい「モヒート」で、
次回イベントの打ち合わせ♪

c0188784_2030514.jpg


  ~~  ☆  ~~  ☆  ~~  ☆  ~~  ☆  ~~  ☆  ~~

なかなか、美味しい紅茶のお店ってないですよね?
かといって、自宅での紅茶は・・?
いつ、いれても、お味が違う(-_-;)
まずは「美味しい紅茶のいれ方」からSTUDYしてみませんか?

 *「紅茶 DE おしゃべり教室(TEA MIE)」開催しています↓

詳細は、こちら→
by chanmie526 | 2010-03-29 22:10 | ティータイム | Trackback | Comments(11)

 この外観からして「AOYAMA」あたりにあったら、すごい人気店になるんだろうな~?

c0188784_9521127.jpg


イタリア通のalexcorgiちゃんのセレクトで出かけてきたピッツェリア「トニーノ」
店内も本場イタリアの雰囲気で週末の午後、賑わっています@@

c0188784_1134454.jpg


ランチですけど・・「ベリーニ」いただきます♪
テラスの向こうに世田谷線が通るのも~なんか勝手に「海外の市電」風情?
c0188784_11265447.jpg


モツァレラ・ディ・ブファラのピッツア」は、aleちゃん・おすすめで、
香ばしい生地の焼き立てに、思わず笑顔@@

c0188784_9584649.jpg


ルッコラのサラダ」には「生ハム」も@@

c0188784_9592449.jpg


牛ほほ肉の赤ワイン煮込みラグー・タリアテッレ」も、濃厚味がお好み❤

c0188784_1002058.jpg


美味しくて、お腹いっぱいになり「ダイエット志願」?の私たち
「ドルチェ」はパスして・・今回は外部「ティーレッスンaleちゃんち訪問

alexcorgiちゃんには確かに「美味しい紅茶のいれ方
「アンティークの魅力」「これからの(ラヴィアン・ローズ)」など
たくさんの「レクチャー」?をいたしましたが・・・

誰よりも、「アンティーク」や「ティーウエア」に、はまったようで
イタリア・モダンテイストのインテリアの中

イングランド」の世界が広がる空間が誕生し~~
「キャビネット」たちや、その中の「住人クン」が一気に「増殖」@@

c0188784_1074446.jpg


ブルーイタリアン」は永遠ですね♪「ユーランダーパウダー・ターコイズ」ほ・ほしい❤

c0188784_1010294.jpg


「師匠?」と「おそろ~♪」も、このエリアに~~
リモージュも、すごくチャーミング!(^^)!

c0188784_11532188.jpg


スージークーパー」ちゃんたちが多く住むこちらのキャビネットも@@

c0188784_11191151.jpg


さて、ここから私たちの「大人のごっこ遊び」がスタート♪
たまたま前日に「ミスターN」からいただいた「ペニンシュラ」の
アーモンドサブレ」もレッスンの(素材)に?させていただき、
このお菓子にあう器と紅茶選びから・・・

c0188784_10155157.jpg


左/「ウエッジウッド」の「マデリン」の「ピオニー」で~~
ダージリン・セカンドフラッシュ

右/「ウエッジウッド・フロレンティーンブラック」で「シナモンティー」♪


さて、お次のティータイムは?
トシ・ヨロイズカ」の「」のムース・ピンク系ケーキたちは
淡いカラーのトリオで、「マリアージュ・フレール」の「ウエディング・インペリアル」で~~

c0188784_111465.jpg


ティーウエアのお話で、盛り上がったあとは、またもやマニアックに
フィギュアの世界選手権SPまで一緒に観戦@@
ミンミン・ナマ解説付きで・・うるさすぎでしたよね?

2匹のDOGクンたち♪ゴメンナサイ(-_-;)
c0188784_11174852.jpg


そして・・真央ちゃん!(^^)!
世界選手権「金メダル」おめでとう001.gif
シーズンの最後に「メンタル」の強さも素晴らしい!!

  ~~ ☆ ~~  ☆  ~~  ☆  ~~☆  ~~☆  ~~  ☆~~


スイーツにあわせた紅茶やティーウエアのコーディネートなど・・
大人のおもてなし」(ごっこ遊び?)を一緒に
楽しみませんか?

    *「紅茶 DE おしゃべり教室」「TEA MIE(ティミ)」オープンです♪
    *詳しくはこちら→
by chanmie526 | 2010-03-28 21:51 | レストラン | Trackback | Comments(4)

 西新宿某所で、いろんな紅茶を8杯ほど?(そちらの模様はいずれ、アップ予定)
まだ新宿中央公園の桜は、ちらほら・・

c0188784_22424821.jpg


26日・・ミンミンブログの「有名人」?
ミスターT」の完璧なセッティングに
「海より深い愛」を感じつつ、雰囲気のある西新宿「カフェアロマティカ」へ

MEGUちゃんと、もう一人の「ミスターN」クンと
高校の同級生4人
気ままな「イタリアン」ディナー!(^^)!

c0188784_10335066.jpg

ミンミンさん・・ブラッドオレンジでつくった「ミモザ」でスタート♪

c0188784_9543346.jpg


真っ先に、この食材に、惹かれて
     ~~ホワイトアスパラガスのオーブン焼き 
                 焦がしバターソース~~

c0188784_9583017.jpg


とろとろ卵をかけて、いただく絶妙なお味で、笑顔のひと品@@

   ~~軽く炙った鯛のカルパッチョ 
        菜の花のサラダとからすみ添え~~

c0188784_1005993.jpg


このアンティパストは、ビジュアルからして完璧に好み❤
炙った鯛の工夫は、香ばしくて、いいですね!!

   ~~サフランリゾットを詰めた 
         花ズッキーニのセモリナ粉フリット~~

c0188784_1041849.jpg


花ズッキーニの中からサフランリゾットが出てくるサプライズ♪
自分では絶対再現できない凝ったお料理はオーダーしてみたくなります!


   ~~生ハムとたんぽぽのシンプルサラダ
        パルミジャーノチーズ風味~~

c0188784_10103777.jpg


自家製生ハムは、やっぱり、いっとく?

   ~~ひな鶏と新牛蒡の煮込みソースで
             和えたタリアテッレ~~

c0188784_10134350.jpg


コレ↑は、メニューを見ただけで、おいしそうなさっぱり素材を
イタリア~~ンな感じに仕上げたプロの業!!お見事@@

   ~~渡り蟹のスパゲティー トマトソース~~

c0188784_10171966.jpg


コレ↑は「定番中の定番」なので、はずれのないお味!
アルデンテ」いい具合で~~

何故か「かんぴんたん(三重の方言で、干からびた様子を示す)」な
青山ストーリー」で、盛り上がり~~(爆)

   メインの、多分牛肉の赤ワインなんとか・・
キール」も注文し酔っ払い??(-_-;)

c0188784_1022852.jpg


ドルチェ」は、パンナコッタがミスターT
私は「いちごのズッパインクレーゼ

c0188784_1036627.jpg


MEGUちゃんとミスターNはティラミス

c0188784_10381212.jpg


どれも、ホントに美味しくて、終電が気になるお時間に突入(-_-;)
そして・・・またもやミスターご両人@@
お会計はスマートに済ませてくださっていて・・あまりの「ブラボ~」な行為に
マッシモ」な賛辞を贈らせていただきます!(^^)!「グラッチェ」❤

ブログを読んでる友人たちが、「ミスター」とお友達になりたい!!と
いうハズですよ!!
サロンデビュー」のお祝いってことに?(笑)

そして、元CAさんの美人妻をお持ちで国際教養あふれるお話
某国営放送局のキャスターのようなスマートさで話題が尽きない・・
そんな「ミスターN・ミスターミッドタウン」様より、
紙袋からテンションあがる「ペニンシュラ」のアーモンドサブレをいただき・・・

MEGUちゃんからも、「HENRI LE ROUX」のキャラメルロリポップを
いただいちゃいました(*^_^*)♪Thanks

c0188784_10315124.jpg


皆さん、グルメな方ばかりで
さりげなくその知識を披露できるトークの絶妙さは、
熟成された赤ワイン←(言い過ぎ?)まさに
半世紀生きてきた人間力」ですね(*^_^*)

こんな数々の体験を活かしミンミンゼミ
「紅茶 DE おしゃべり教室(TEA MIE)」では、簡単な「ティーフーズ」も
ご用意させていただきます!(^^)!

詳しくはこちら→紅茶教室 TEA MIE
by chanmie526 | 2010-03-27 23:17 | レストラン | Trackback | Comments(12)

リプトンティーハウス銀座で今年3回めの「テイスト・オブ・ブリテン」「イギリスを感じるイベント」のセミナーに参加してきました~~☆

  (1回めはこちら→「世界一美味しい料理はイギリスにあり」→
   2回めはこちら「英国大使館のデザート&スコーン」→

今回は新茶をいただきながら・・「紅茶」をつかった、お料理づくしということで、興味津々@@
まずはスターター

c0188784_9403821.jpg


フォアグラのテリーヌにオレンジで色づけし、「紅芯大根」などのカラフルお野菜
そして注目が「紅茶の寒天」・・

いちごを白ワイン・バニラで煮込んだコンポートに新茶のニルギリティーを
いれてつくった寒天だそうで、オレンジ色が可愛い❤確かに紅茶のお味デス♪

メインは?

c0188784_9422036.jpg


九州産のさわらのソテーに、あさりとレモングラス&玉ねぎのソースを「キームン」という紅茶で、蒸らし、ミルクを加えて「ロイヤルミルクティー仕立て」に見立てた
オリジナルソース♪
若い藤岡健太郎シェフならではの「発想」面白いデスね(*^_^*)
毎回、直接、ご本人から、厚かましくもレシピを伺っています♪

デザートは、ベリー系のマカロンのサンド♪
こちらにも「ニルギリティー」を使用@@

今回の紅茶サービスはは、すべて、クオリティーシーズンの新茶「ニルギリ
(*^_^*)
紅茶らしい「紅茶」で、南インド産なので
スリランカ」のお茶と似た特徴があり、さわやかでマイルド!!
ゴクゴク、何杯もいただけてしまう!!好きな紅茶のひとつです(^v^)
多分、私はフツーに5杯くらい「おかわり」(笑)


c0188784_9561846.jpg


その後に、ゲストの「スチュアード麻子先生」の
インドの茶園での体験談を聞かせていただき、本には掲載されていないような
具体的なお話・・とってもいいお勉強になりました@@

それと今回、同じテーブルでご一緒させていただいた
イギリスにとても、お詳しいIさんと、初対面の方々・・

紅茶やフード、イギリスのお話で、おしゃべりも弾み、楽しいひとときでした~~
皆さん、ありがとうございました(*^_^*)

焼き菓子と共に、また「ニルギリティー」をいただきます~~♪

c0188784_1735736.jpg


帰り際に・・
以前から欲しかった「ティーポット」のスティック!(^^)!
麻子先生もおすすめということで、ミンミン・テーブルでも
活躍してもらおう!っと↓購入(*^_^*)

c0188784_9481913.jpg


そんな「ミンミンの紅茶創作料理」や「紅茶ノオハナシ」に
興味を持たれた方は・・

個人宅ならではの「紅茶 DE おしゃべり教室」はじめました♪
興味のある方は・・こちらをどうぞ~~「お知らせ」のページへ (クリック→
by chanmie526 | 2010-03-25 22:15 | ティーセミナー | Trackback | Comments(18)

 友人の紹介とかで、少しづつ始めてはいた、「簡単なティーレッスン
ティーパーティーに紅茶のお話を少し

前回の記事↓で、大胆にも「サロンマダム」宣言したように
ブログにても、「紅茶 DE おしゃべりの会(簡単な紅茶教室)」の「お知らせ」をさせていただくことにいたしました・・

いわゆる「ふつうの紅茶教室」の概念を破った感じで、今後は
いろんな形での「レクチャー」を予定しています・・


まずは、鍵コメにて、いただいた連絡先に、詳しい(ご案内)を
メールにてお届けする形からで、地味?にスタートさせていただこうかと・・

「紅茶」からはじまる「新たなストーリー♪」
4月の新しい季節の始まりと、ともに・・


c0188784_21273814.jpg

   ①時間は約3時間

      「紅茶の美味しいいれ方から 
       紅茶にまつわるエトセトラ♪」    *時間帯は希望に応ず
         
      レクチャー 
      (デモンストレーションアリの時も)

      その後に講師宅のお好きなティーウエアをセレクトしていただき
      ティータイム&お菓子付き                        

   ②場所/東西線「東陽町」駅徒歩2分 
       
       *参加ご希望の方に詳細は追って、お知らせいたします。
        
        マンションの1室でのカジュアルで
        アットホームな雰囲気での「レッスン」になります♪

        ~~個人宅のレッスンにつき、男性の方のご参加は
          (ご紹介がない限り)
          恐れ入りますが、遠慮させていただいています~~

   ③講師プロフィール
      「TEA MIE(ティミ)」 ティーレッスン
      「ミンミンゼミの紅茶 DE おしゃべり」

      「ミンミンオリジナル・クラフトの会」

     坂井 みさき(ミンミン)

    ★TEA★ 
         2008年 5月 日本橋CHA TEAジュニアティーアドバイザー習得
         2009年 5月 UKティーカウンシル ティーマスター習得
      
         各種、ティーセミナーに現在も参加中
         各地の「紅茶を巡る旅」も、実践中


    ★デコパージュ★
        1986年 日本デコパージュ教会インストラクター習得
        1987年 日本デコパージュ教会マスター習得
          
          各種、作品展に出品
            
        デコパージュの基本を活かした「オリジナル・クラフト」を展開中
    ★フード★

       辻クッキングスクール他、各種セミナー参加
           

   ④ 参加費  6000円(入学金なし・税込)
            *2016年4月より


       基本的に、どれも「ワンデーレッスン」として受講していただけます
       

            


c0188784_2362839.jpg



            
   *まずは下記メールアドレスにご連絡ください。
     ①お名前
     ②メールアドレス
     ③希望紅茶レッスン内容等
     ④希望日など(第二希望まで)

misakisakai777@yahoo.co.jp

坂井まで

     
    尚、48時間以内に返信のない場合は、恐れ入りますが
    再度、ご連絡くださいませ

        


by chanmie526 | 2010-03-24 23:25 | お知らせ | Trackback | Comments(48)

 「紅茶のお話をもっと、聞きたい」「デコパージュやってたんだったら教えて」
「海外旅行の話を聞かせて!」など・・有り難いことに、そんな風に
声をかけていただくことが多くなり、意を決して?
厚かましくも・・・こうして、まずは「ブログ」にて
公開レッスンの「お知らせ」をさせていただくことになりました(*^_^*)

c0188784_22304964.jpg


ただ、一般的な「紅茶教室」では私らしくないし、
いわゆる「日本紅茶協会のティーインストラクター」でもない私・・

そこで、「サロンマダム」~~以下、藤枝理子先生の「サロンマダム」の定義の抜粋なのですが~
私のめざす「おだやかな空間づくり」にぴったりの(定義)でした~~

c0188784_2042522.jpg


  @@サロンマダム@@

 ゴージャス感たっぷり漂う、優雅なマダムではなく
 セレブ感を演出するサロネーゼとも、少しちがっていて

 日々の暮らしを大切に、丁寧に。
 そんな自分のライフスタイルのひとつとして、
 趣味や特技を生かして自宅を開放する。
 そんなスタイルが広がっています。

 

 ♥ サロンマダム資格は不要

   従来の茶道・華道などのお稽古ごとでは、
   独立するために、師匠に弟子入りをし、
   看板分け許される、師範免許を取得するなど
   気の遠くなるような時間と費用がかかった。
   自宅サロンの場合、資格は不要。
   逆に資格制度に頼らず教室を開いている人も多い。

 ♥ 生活感をどう生かすのか

   自宅が教室なので初期投資は少なくて済む。
   ただし、サロンに来る生徒さんの多くは
   そこに非日常の空間を求めている。
   生活感を見せながら、生活臭は感じさせない
   そのバランス感覚と演出が必要。

 ♥ 生徒集めはブログで

   生徒募集はサロン運営の一番の要。
   ポスティング・広報誌・伝言板など、
   さまざまな手法があるが基本は口コミ。
   最近はインターネットのブログを使って
   成功するサロンが多い。

 
 

・・・というわけで、お恥ずかしながら4月から「サロンマダム」デビューを

次の記事で、詳細はお知らせします~~

とりあえず、今回、自宅で自分の資格を活かしてサロンを開くマダムのことを「サロネーゼ」と
呼ぶそうで、かなり厚かましく恥ずかしくも
ミンミンマダム」「サロネーゼデビューです♪(大汗)

c0188784_21364797.jpg

by chanmie526 | 2010-03-24 23:07 | お知らせ | Trackback

1年前にこちらのブログで「イースターティーパーティー」を拝見し、
1年越しの「夢」が叶い、参加させていただきました(*^_^*)

c0188784_0164087.jpg


リビングのサンドイエローのお部屋に、とってもマッチしたセッティング♪
うっとり」(*^_^*)他の回とはセッティングが違うのも素敵デス♪

フラワーアレンジ」も、いつもセンス良く~~

c0188784_2353582.jpg


今日のクロスにあわせたナプキンのレースも「スプリング」気分❤

c0188784_23551824.jpg


ピンクの壁のお部屋の「出窓」には、憧れていた
ねこやなぎのイースターのツリー@@
c0188784_23294386.jpg


可愛い「エッグ」たちは、いつかマネしてつくりたい・・

c0188784_0205649.jpg


まずは「エルダーフラワー・コーディアル」を炭酸で割った「ウエルカムドリンク
英国の春」を感じますね~~❤

c0188784_0194696.jpg


イースター」の興味深いお話も、たくさんレクチャーしていただき~~
お愉しみ「ティーパーティー」のスタートです♪

実際には、実用に合わせ、こんな「イースターエッグ」のペーパーナプキン♪
を用意してくださいます!
心憎いテーマにあわせた演出には、いつも脱帽@@

c0188784_23381468.jpg


英国式パンケーキでつくった「ロールサンドイッチ」はYURIKO先生オリジナル♪
ハンドリング」の実習も@@キンチョーの一瞬!!

c0188784_23331799.jpg


ダージリンのオータムナルと、見事に薄く焼かれたパンケーキ@@
他の方よりたくさん紅茶をいただく私をお許しください(-_-;)

黄色いリボンで「三位一体」になった「イースタービスケット
しっとりしたお味の手作りの真心こもった、このお菓子は
本場英国でもなかなか市販されていないようで、
こうしていただけるの、とても「幸せ」デス♪

c0188784_23522160.jpg


次にこれまた、「春の英国」を代表するお菓子「バタフライケーキ
バニラ風味のスポンジにバタークリームがスゥイートで、
この、こってり甘さには「アッサム」のセカンドをあわせてくださいました~~

c0188784_028452.jpg


パンチのきいたアッサムストレートも、この甘さとの相性がよく、
もちろんミルクティーでも、すっきり!!(ここでも、2杯?)

本でしか見たことがない「シムネルケーキ
黄色いマジパンが可愛く、その数も、ちゃんと意味のある「イースターのケーキ

c0188784_23434971.jpg


ニルギリベースの「サクラティー」で~~
満足この上ない、こぼれんばかりの笑顔?に、YURIKO先生は、また私に
紅茶の「おかわり」を(-_-;)

お部屋のあちこちに、イースター関連のグッズが、
「おもてなし感」をアップしてくれます!(^^)!

c0188784_043043.jpg


c0188784_2349655.jpg


誰よりもたくさん、紅茶をいただき、誰よりもたくさん
お写真を撮っていたミンミン(-_-;)
こんなデジブック↓作成のため・・でした@@失礼いたしました(-_-;)
中央→をクリックしてください!BGM付きです



YURIKO先生、いつも、異次元の世界をありがとうございます!(^^)!
ご一緒させていただいた皆様も、楽しいひとときを共に過ごせていただき
ありがとうございました!(^^)!
by chanmie526 | 2010-03-23 11:09 | イースター/ティーパーティー | Trackback | Comments(16)

 ファドの調べに酔いしれながらも、ひとり部屋に戻り、沢木の小説「深夜特急」ファンには、はずせないこの「ビール」を飲んで・・

c0188784_0272251.jpg


ユーラシア大陸の果て「SAGRESサグレス」という岬を最後に、
沢木が「旅の終点」とした、その地名の
セルベージャ(ビール)」が小説の中にも登場する・・

その「サグレス」は、最後のお楽しみとして・・
まずは「ロカ岬」に~~

c0188784_031141.jpg

ユーラシア大陸最西端の地」・・
カモンイスが詠んだ「ここに地果て、海始まる」の詩の一節が刻まれた
モニュメントと、ひたすら青い空・・

c0188784_1043042.jpg


強い突風が吹き荒れる中、遠く大西洋を眺め
この旅もまた、ずっとお天気に恵まれた幸せを実感♪

このあと、「世界遺産」の「シントラ宮殿」も訪れ・・
内部の豪華絢爛な美術品やらアズレージョを堪能する

c0188784_8304483.jpg


でも、やっぱり私は、こんな名もない路地が、お好き(笑)

c0188784_8324415.jpg


残り少ないポルトガル旅行を満喫してたところ、
地元の雑誌社から、ひょんなことで、
取材」を受けることになる・・

なので、地元料理や「エッグタルト」をごちそうになり(*^_^*)

c0188784_8484982.jpg

「ポルトガルを訪れる(ヤングツーリスト)」というテーマだった(-_-;)
実年齢はふせたまんま顔写真も撮られ、地元紙に登場してしまった
厚かましさ@@
ポルトガルを心から「絶賛」したので許してもらおう(笑)

さてさて、まだ、次の「ミッション」が残っている!!
~リスボンの「市電28番に乗る」~

エストレーラ」という駅へ向かう
降りそそぐ太陽の光がまぶしい@@

c0188784_1093950.jpg


市電28番は地元の人が利用する、まさに「生活の場」を垣間見れるコースで
ガッたん、ごっとん、揺られながらの小一時間の旅はスライドショーのようで・・

c0188784_1012560.jpg

         (↑おみやげ物のアズレージョ

行きたかった展望台にも、到着@@
はがれたタイルが、いかにも貧しそうだけど・・

c0188784_121682.jpg


明らかに、沢木がポルトガルは他の国より「光の量が豊かだ」と
表現したように贅沢な陽光だけは、変わりなく@@
オレンジ色の屋根がまぶしかった

c0188784_1153620.jpg


その後に行く予定だった「サグレス行き」が、
ある「アクシデント」が起こり、断念することになってしまう(-_-;);;

でも、「思いを残してきてこそ、またその地に戻れる」という
沢木耕太郎の一節も、思い出し・・

いつか、ポルトガルを船旅で訪れ、「サグレス」の地に辿りつき、
その名の「ビール」で乾杯しよう!という「楽しみ」も増えたのだ

さあ!気分転換だ!ガレット通りの途中に、歴史を感じる店構えの
リスボン最古のカフェのひとつ、「ブラジレイル」のテラスで、お茶でも~~

c0188784_1252968.jpg


路上ライブ♪も、旅の楽しみのひとつ@@
行き交う市電を眺めたり、リスボンっ子を観察しながら、この旅を振り返ってみた・・

c0188784_1271229.jpg


ファティマの奇跡」という伝説の地の空が、どこまでも青く
真っ白な建物は、清らかで美しくて「無垢」の心を届けてくれた~~

c0188784_203053.jpg


「大学都市」コインブラは、高台の眺めのいい場所に位置し、
学生たちも、そののどかな景観の中で、くつろいでいた~~

c0188784_21573661.jpg

これは、なんの「遊び」?

c0188784_21453388.jpg

伝統の「マント」を着てる学生さんたちも発見し@@

c0188784_21464469.jpg


ナザレでは、一番いいホテルに泊まったのに、ディナーの
「メイン」の「いわしの炭火焼」そ・素朴だ!!(笑)

c0188784_20425160.jpg


「世界遺産」・「バターリャ」の「ポルトガルの独立」を象徴する修道院は、
なんにもない道を走っていると、突然現れる芸術@@

c0188784_20323212.jpg

「天井」がない「未完の礼拝堂」も興味深かった~~

c0188784_2122240.jpg


アルコバサにも「世界遺産」である「サンタ・マリア修道院」が@@
さまざまな建築様式が面白い!
そして「世界遺産」では東洋人にも多数出会う(笑)

c0188784_2159863.jpg


たっぷり、ポルトガルを回ったつもりでも、まだまだ行きたい所がたくさん・・
紅茶の歴史」で必ず、名前の出てくる
キャサリン・オブ・ブラガンザ」の故郷や南部のリゾート地「ファーロ」・・

ポルトガル」には、あえて、いろんな「思い」を残したまま
この地をあとにしよう・・





    ~~おしまい~~

*長い「ミンミン・ポルトガル紀行」に、お付き合いくださり
      ありがとうございました~~(ペコリ)
by chanmie526 | 2010-03-22 22:10 | ポルトガル | Trackback | Comments(6)

リスボン」で、真っ先に訪れたかった「発見のモニュメント」@@

c0188784_23372615.jpg


1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して造られたモニュメントが
テージョ川に面し、青い空にも映えて~~

そのままテージョ川沿いを歩くと、「世界遺産」の「ベレンの塔」が@@
貴婦人」と称される美しさで、ポルトガルの栄枯盛衰を眺めてきた

c0188784_2105322.jpg


ここから路線バスを乗り継ぎ、これまた「世界遺産」の
ジェロニモス修道院」へ@@

c0188784_2132840.jpg


大航海時代の栄光を伝えるその繊細な彫刻の外観@@

インド航路開拓のヒーロー「ヴァスコ・ダ・ガマ」も、ここに眠る~~

c0188784_2184082.jpg


最大の見どころは、マヌエル様式の最高傑作といわれる優美な回廊

c0188784_21104515.jpg


ミンミン的には、このエリアの最大の「押さえどころ」は、ここ↓

c0188784_21251596.jpg


「ポルトガル」といえば、必ず登場するこの「バステイス・デ・ベレン
このお店で有名なのが日本でも一時ブームになった「エッグタルト

c0188784_21152744.jpg


パステル・デ・ナタ」というポルトガルの伝統的なお菓子
ここは創業以来、ジュロニモス修道院のレシピを守り続けていて、
焼き立ては、さすがに美味しい(*^_^*)

「紅茶(CHA)」をあわせて、上機嫌に町中に繰り出す@@
早春3月のリスボンは半袖でも充分なあったかさ~~

c0188784_21174833.jpg


町の真ん中に、ひときわ目立つグレーの鉄塔が
サンタジェスタのエレベーター
エレベーターで上がった所には、「バイロ・アルト」へとつづく連絡橋がある

c0188784_2130422.jpg


このクラシックなエレベーターを昇り、さらに、らせん階段を上がると
頂上が展望台になっていて、眼下に広がる光景は~~

c0188784_23384269.jpg


溢れるばかりの陽光は、貧しいポルトガルにこそ、贅沢に降りそそぐ@@

c0188784_23414231.jpg


↓の景観は映画「ロシアハウス」のオープニングとラストを飾る
「感動」の「LISBOA」の街並そのまんま

c0188784_23402127.jpg


c0188784_2343410.jpg

ランチは庶民的な町中のレストランに~~
市電に揺られて、またもや「洗濯もの」の中に紛れつつも、
こんな光景を見つけるとシャッターチャンスとばかりに笑顔@@

c0188784_23521082.jpg


こんなモール↓が施された素朴すぎる飾り・・

c0188784_2144121.jpg


夜はポルトガルの民族歌謡「ファド」の哀愁の調べを聞きに~~
こんな踊りも見ながらのディナーショー?的な感じだけど

c0188784_2228934.jpg


いざ、ファドの旋律を耳にすると、遥かポルトガルで
サウダージ(郷愁)」の感情あふれる歌声に言葉を超えて魅了される




    ~つづく~
by chanmie526 | 2010-03-22 00:07 | ポルトガル | Trackback | Comments(4)