南フランスのお茶会 ①

南仏ツアーの画像を見に来てね~とお友達をお呼びしたお茶会は
新しいクロスでお迎えしました@@




c0188784_00182662.jpg



先日『グレーテルのかまど』で紹介されたばかりの
エクスの銘菓「カリソン」も
南仏の幸せのシンボルの「セミ」と共に~~



c0188784_00200569.jpg



今回の”スペシャリテ”はエクス・アン・プロヴァンスの調味料屋さんで
チラ見したレシピの再現? ミンミン風「ひよこ豆のムース」





c0188784_01045235.jpg



c0188784_01014137.jpg



トッピングはドライトマト・ブラックオリーブに
南仏のマルシェで買ったサラダ用ハーブを~~






c0188784_01030602.jpg



ラタトゥィユや、いちじくの赤ワイン煮
タプナード・トリュフマスタード




c0188784_00230629.jpg




c0188784_01140109.jpg


レモン&ケシの実サブレやクラッカー

いろんなとこに 現地調達の「セミ」が季節関係なしに出没♪





c0188784_01060262.jpg


現地調達の紅茶は
「バイオレット」フレーバーばかりで
「本当はワインのほうが合うよね?」のTEAと共にww



c0188784_00265349.jpg


以前に買ってきたプロヴァンスのクロスと
新しく買ったナプキンも可愛い♪



c0188784_01100687.jpg



スイーツはゲストの長嶋清美先生に「パープル&ホワイト」でと
お願いしたところ、素敵なケーキと





c0188784_20555281.jpg





c0188784_23200377.jpg

ラベンダーカラーのミニマカロンも!(^^)!
ありがとうございました~~




c0188784_18353451.jpg


お茶会のテーマにも ぴったりのプロのお味♪




c0188784_18364152.jpg



すみれのティーセットにパープル&ホワイトのティータイムは
「すみれ村(トゥーレット・トゥ・ルゥ・ルー)」の画像で
盛り上がります!!





c0188784_20530693.jpg




南仏のお菓子はラブリー♪




c0188784_01112618.jpg



ラベンダーのはつみつも濃い味わいがエクスのドライブを
思い出す~~



c0188784_23242483.jpg
↑エディブル ラベンダー添え



~ つづく ~

# by chanmie526 | 2019-11-13 12:00 | フランス/フランスのティーパーティー | Trackback

南仏プロヴァンスの可愛い街「エクス・アン・プロヴァンス」の銘菓
『カリソン』

エクスに行くたびに お友達にもPRしてたのですが
11月11日22時~NHK・Eテレ『グレーテルのかまど』で
紹介されましたね~





c0188784_22384589.jpg
(↑ TV画像より)

仏プロヴァンス地方で愛され続けるお菓子、カリソン。
アーモンドとフルーツの魅力をつめこんだ、幸せを呼ぶという伝統の味(NHK HP)


わたしはお菓子を再現する・・というより南仏エクス・アン・プロヴァンスの街中で会った「カリソン」をご紹介しますね~

c0188784_20523540.jpg


アーモンドとフルーツの砂糖漬けを練り上げた生地を型で抜き、真っ白なアイシングで飾ったカリソン。
こちらが↓番組で紹介されていた伝統的な
「カリソン・デ・クス(エクスのカリソン)」
かのセザンヌも、このお店のカリソンが好きだったそうですよ↓↓

c0188784_21441421.jpg


こちらの↓メーカーも有名ですよ↓↓

c0188784_21574708.jpg



かつてプロヴァンスの王が、結婚式で花嫁を笑顔にさせようと作らせたとか…そんな言い伝えも納得の、キュートなお菓子

c0188784_21123961.jpg



今はエクスの街中にあふれています~

c0188784_21451773.jpg



400年も続くという、カリソン祭りに集う人々や、新しい素材を取り入れて新作のカリソンを開発する菓子店など、カリソンの周りには笑顔がいっぱい。

c0188784_21570410.jpg



c0188784_21255297.jpg


c0188784_21243535.jpg



c0188784_22550826.jpg

c0188784_21200207.jpg



c0188784_21232654.jpg


自宅に連れ買ったものの一部ですが~~
c0188784_21531546.jpg



お菓子にまつわるエピソードを話しながら
南フランスの幸運のシンボル「セミ」くんと~~

c0188784_21542849.jpg


こんな可愛い色も お味がそれぞれ違って美味しい♪ 

c0188784_21592405.jpg




エクスの旅画像と共に~~

c0188784_22501554.jpg
















# by chanmie526 | 2019-11-11 23:04 | フランス/フランスのティーパーティー | Trackback

もう2週間前ほどのこと。思いつきの行先!
レトロ門司港プレミアホテルの
部屋の窓から夜明けの海、関門海峡が間近に見え@@



c0188784_19405922.jpg


地図ではわかってはいたものの実際に行ってみると
本州「下関」がすぐそばと、わかり「朝活」決行!!

定期船に乗り 関門海峡を「ぶらり」
関東エリアは大雨の日。西から天気は回復していく~



c0188784_02084758.jpg

唐戸市場でふぐ&生うにの朝食を~~



c0188784_02095226.jpg



旅先の神社での参拝も新鮮~~




c0188784_19431046.jpg



なんの情報もなく渡ってきた下関。
 ググれば「ピーターラビットに会える!」ことがわかり
しかも歩いてすぐの場所。。。





c0188784_03105642.jpg


ここは本当に下関??





c0188784_03193442.jpg



レンガ造りの建物は重要文化財 旧英国領事館
 まさか、下関で「ピーターラビット」に会えるとは?




c0188784_23424297.jpg



2階がティールーム~~
 英国アンティークの家具も配置され 
東京にあったら行列もののティープレイス「貸切」状態!!




c0188784_22261061.jpg



湖水地方の画像を観ながら~
午後からの門司港の観光や買い物プランを立て

「ねこの”たびた”のおもてなし紅茶」のネーミングも可愛い♪



c0188784_22254834.jpg


お腹いっぱい!
20分おきに船が出るので、関門海峡を観ながら
「名探偵コナン」のロケ地ともなった門司港に戻ります~~

そういえば前夜『コナン』つながりで、
ここ↓の展望台から夜景も観たな~



c0188784_03211613.jpg


そして前日夜に”パトロール”していたレトロ門司港は、お買い物が楽しすぎる!!

あれ? このお店の名前・・・



c0188784_03154725.jpg


そう あの村の名前。
南仏ツアーで回ったアンティーク蚤の市が開催される
「リル・シュル・ラ・ソルグ」

その村をオマージュした北九州エリアの雑貨店。。
 好みの可愛さに誘惑され、いくつかお持ち帰り~~

そしてそして また、ここでも「英国」に出会う!!




c0188784_03164607.jpg


こちらのお店でも「聞き取り調査」により姉妹店もご紹介いただき、
”足”で、たどり着いたショップ。
ここがまた可愛くて、旅先でのお買い物熱はとどまることを知らない@@




c0188784_03235890.jpg


 お買い物のあとお茶のサービスまでしていただき



c0188784_03265201.jpg


ここも「貸切」で お店の方との英国話も楽しすぎ、
時間が止まったしまったようなノスタルジックな空間に魅了され
再訪をお約束♪



c0188784_03261770.jpg


ランチは前日のリベンジで・・


c0188784_23455049.jpg



ここも『コナン』に出てきた三井倶楽部

店内は確かにレトロなんだけど
「団体客」が多すぎて今までの”クオリティー”が一気にダウンした
雰囲気が個人的には残念でならない;;




c0188784_19562042.jpg



とりあえず門司港名物「焼きカレー」をね♪





c0188784_19541894.jpg


ランチ後の2階の展示も凄かった~~




c0188784_03093922.jpg


そして 『放浪記』の作者 林芙美子の生涯の展示(写真はNG)は
文章の持つ大きな力に
心を動かされるメッセージが散りばめられていて、
偶然ではない「必然」を改めて深く感じる時間。。

まだまだ門司港散策は続き・・




c0188784_23472460.jpg


え? 今度はカナダ?
プリンスエドワード島???

この紅茶専門店は・
「グリーンゲイブルズ」



c0188784_22320705.jpg


「アンの森」というブレンドティーも興味津々@@



c0188784_22311127.jpg


店内は店名とのギャップがありすぎる普通のカフェ(*個人の感想です)
 それでも、場所は一等地なのでゆっくり港を観ながらのティータイムは
一息つけて良かった。。




c0188784_00165938.jpg

しかも旅先での外国人との交流は
ある意味「ひとり旅」の良さでもあるのかも?

レトロな街並みは続き、




c0188784_23574045.jpg



駅舎も今年3月にようやくグランドオープンしたばかり。。
映画『マジックアワー』など、ロケにも使われるこの街の「顔」は
昨夜、この駅に降り立った時間とは
すっかり表情を変えていて、またいつか降り立つ時には
どんな色あいで迎えてくれるのかな?





c0188784_22300662.jpg



このまま 門司港でゆったりするつもりが
小倉が近いことに気づき、いきなり”某所”に行ってみよう~と

ぶらり♪「おひとりさま」は、そんな行動も自由自在。

~~ つづく ~~




# by chanmie526 | 2019-11-11 00:10 | お出かけ | Trackback

11月2日。ようやく行けた伊勢丹英国展




c0188784_21092674.jpg



第一の目的は「ベリーズティールーム」さんのブースで
PRIMROSE 牟田彩乃先生 とのコラボケーキ!!



c0188784_21144325.jpg



彩乃先生にもお目にかかれたのですがお忙しくて写真撮影どころではなく
真弓オーナーが働く最中にパチリ@@
ご挨拶さえできないほどお客様でイートインも行列の大人気でした@@

翌日には ベリーズティールーム×牟田彩乃先生のラブリーケーキで
ティータイム♪美味しくディンブラと共に~~





c0188784_21542749.jpg




「スワン&ライオン」のブースにもご挨拶に伺ったら
ラグビーのイングランド戦の前で~~



c0188784_21213470.jpg



いつもの商品たちも英国展の定番になり
なんだか身内のように嬉しい限り♪



c0188784_21223353.jpg

そして お次は5階のリビングコーナー。
輪島塗「蔦屋漆器店」×アトリエジュンコとのコラボ展示

上質なテーブルコーディネートは圧巻@@
写真撮影はこちらのブースだけでしたが




c0188784_21230392.jpg



11月12日まで開催ですので ぜひ足を運んでみてくださいね~~

*10月30日(水)〜11月12日(火)
 伊勢丹新宿店 5階 キッチンダイニングデコール
 アトリエジュンコ



そしてランチ後には早稲田の「多門院」での
作品展に伺いました~

センスの良い「ウランマダム」が ご案内してくださいました~~



c0188784_21270688.jpg


ウランマダムのブースは福岡時代にお作りになられたシャドーボックス



c0188784_21274885.jpg

オランダのアントン・ペックの画は私も以前 たくさん作品を作ったので懐かしい~~

フラワーアレンジもさすが!デンマークで購入された花器や
ご自分でアイアンで制作された花器に季節の花々を彩りよく~~




c0188784_21294688.jpg

ナンタケットの作品も展示してありましたよ~




c0188784_21314814.jpg


他の素敵ミセスのテーブルもどれも参考になる作品群@@




c0188784_21333845.jpg



KUSMI TEAの紅茶缶も テーブルで映えますね@@




c0188784_21340345.jpg


四季のティータイムを表現されたコーディネートも
さすがのセンス@@




c0188784_21353424.jpg



旅先に持参するお茶セット!
専用袋もお手製刺繍@@




c0188784_21364337.jpg



道路を隔てて草間弥生美術館。
芸術の秋、海外からの来場者さんも多数でした~



c0188784_21393501.jpg


帰りは神楽坂に向かい歩いていくと・・・
 路地の中に突然現れる お気に入りの花屋さんに
たどり着きました~~





c0188784_21405197.jpg


アートに刺激された1日。
自然の花々の香りに癒されて
お買い物熱も上がりました~




c0188784_21424399.jpg


ニルギリティーと共に~~
キャラメル林檎のロールケーキ



c0188784_21452040.jpg


充実の秋の1日・・。

皆様 ありがとうございました(#^.^#)


# by chanmie526 | 2019-11-03 22:22 | お出かけ | Trackback