旅の記憶 ~グラーツ~

オーストリア第二の人口を誇る「グラーツ」
ウィーンから列車で約2時間半。

 車窓は、どこを切り取っても可愛い町が続き
眠ってなんかいられない。



c0188784_23484625.jpg

街の彩りは


c0188784_23510634.jpg


いろんな表情を見せてくれます~~




c0188784_00500453.jpg



市の中心部「歴史地区」は「世界遺産」





c0188784_11545999.jpg


トラムから眺める景色は
世界遺産の風格が漂う美しいものばかり。




c0188784_00502270.jpg



c0188784_00492570.jpg



c0188784_00504030.jpg



c0188784_11554130.jpg



賑わう通りを歩いていると
なんだか良い香りが流れてきます。
ヨーロッパの焼き栗って美味しいんだよね~~
(写真撮影OKでした!)
 



c0188784_00080972.jpg



「カフェ・ザッハ」は、
グラーツにもあるのね~~
(”エセ”ではないです、本物)




c0188784_23521832.jpg


おしゃれな街なので洋服にも誘惑されます~~




c0188784_23540267.jpg


 
ランチは可愛いレストランへ~~





c0188784_23525737.jpg



ガイドブックに掲載されていた「仕掛け時計」の情報。
12時ちょうどを心待ちするけど何も起きなかった(-_-;)




c0188784_23550551.jpg


まあ・・そんなものね(-_-;)
テラス席は人でいっぱい!
地元で人気のレストランは活気にあふれていて
お味も期待してしまいます~~



c0188784_23583116.jpg




さすが!チキンのグリルの美味しいこと☆





c0188784_23554482.jpg


紅茶のサーブは所変われば・・・




c0188784_23561861.jpg




マグカップもセンスよく、
旅先の紅茶が美味しいと気分が尚上がる!
ベストシーズンのティータイム満喫です♪





c0188784_23564786.jpg



そろそろグラーツのシンボル的な目的地へと移動。

エレベーターで昇れるのはありがたい!



c0188784_11563339.jpg



c0188784_23594630.jpg




c0188784_23595908.jpg




c0188784_00550553.jpg



c0188784_00002855.jpg



c0188784_00004882.jpg


あまりの絶景に、この場所を離れたくなく
風も心地いいテラスで
気になっていた「KOMBUCHA」をオーダー♪



c0188784_00013660.jpg



想像よりもずっと、お気に入りのお味@@
 この液体の正体にはビックリしたけど。。




c0188784_00015763.jpg



このバラ↓ 
7年前の「TEA MIEアリスのお茶会」で
ご紹介した赤&白のバラ↓



c0188784_00025495.jpg

そう、どこでもいつでも
「お茶会」のことを考えてた・・



c0188784_00552912.jpg



今度は、エッゲンベルク城に向かいます~

その前に、ちょっとまた市内散策。




c0188784_00051677.jpg



トラムから、こんな光景も見えた@@



c0188784_00054055.jpg


途中、急な夕立?
すぐに雨があがり、”傘いらずミンミン”
危うく、ずぶ濡れの危機から青空がのぞく@@




c0188784_00060476.jpg



こちらも世界遺産、威風堂々@@




c0188784_00062403.jpg


帰りはグラーツ駅から電車に乗って~



c0188784_00073889.jpg



モダンすぎる駅は ちょっと残念(-_-;)





c0188784_00565991.jpg


”おまけ”画像は・・
グラーツ中心部、撮影禁止のすご~~く可愛かったショップで
見つけた「ギフト」
 


c0188784_00095970.jpg






トラックバックURL : https://chanmie.exblog.jp/tb/29440162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chanmie526 | 2018-04-18 22:30 | オーストリア・ウィーン | Trackback