「みさき感激!」の日

本日の私のお誕生日、プレゼントやカード、
メールやSNSでもたくさんのお祝いメッセージを
ありがとうございました(#^.^#)


今朝は早くからのお出かけ。
予約してあったレストランをキャンセルしての・・

母を含め相談してみた誰もが勧める場所。




c0188784_20555455.jpg


三重県から妹や姪っ子と共に




c0188784_20565529.jpg


向かった先は青山。




c0188784_20581801.jpg



10代半ば、その人の存在があり
私は「その人が住む東京の空で同じ空気を味わいたい」

そんな気持ちから進学校に進み、大学とやらに行けば
田舎娘も東京に行ける!!

そんなモチベーションを与えてくれた人。
 そして、いつか会うことができたらと夢見て、

私の将来の「進路」まで方向づけてくれた人。


10代の多感な時期に"パッション"を与えてくれた
その人が先日 63歳の若さでこの世を去った。


それを知った日にもブログで何かを
綴りたい気持ちはあったけど
陳腐なものになる気がして・・。

ただね、これは自分の「日記」だから・・。

告別式の日程がナント自分のバースデー。
しかも天気予報は31度。

実は正直 参列するか迷っていた。
 そもそも その時点では一般参列の受付があるかどうかも
公表されておらず・・

ただ自分の体力を信じて~~
青山。7時過ぎ。
すがすがしい風の中、炎天下でもないお天気も味方してくれて、
今日なら長丁場も覚悟できる!



c0188784_22505266.jpg


地方からのお通夜→告別式組のコアなファンと共に
白いカーネーションの献花。




c0188784_21115062.jpg



22曲のHIDEKIのメドレーが流れる中
その曲に合わせた自分の「歴史」が
鮮明に記憶の中に現れ、
歌詞はスラスラ、何度も聴き返したメロディに乗る。



c0188784_22515117.jpg


 そんなヒットメドレーを聴きながら

私の「夢」が実現できたことに感謝の気持ちがあふれた。




c0188784_22590257.jpg


10代半ば、
「西城秀樹と会うためにマスコミで仕事がしたい」

そんな憧れの人に公私を含め、3度 お話する機会に恵まれた。
 
彼が亡くなってからの報道で皆さんが語られるように
西城秀樹さんの素晴らしいお人柄に惚れ惚れしたのを思い出す。



c0188784_22135404.jpg




歌唱力&ルックスも抜群。
そんなトップアイドルだから、
横柄になってしまうのもその当時の芸能界の風潮でもあった。

それでも彼は気遣いの人であり

3度とも笑顔で優しく接してくださる、
一言一句を思い出せるほど好印象あふれるアーティストだった。



c0188784_22310641.jpg


13時。
朝早く出かけたおかげで出棺までお見送りができた。




c0188784_21080785.jpg


「青春に賭けよう」♪を皆で合唱したあとは
「ブルー スカイ ブルー」♪

~~ 青空よ 心を伝えてよ~
   悲しみはあまりも大きい

   青空よ 遠い人に伝えて
   ”さよなら”と ~~

ファンの涙声が青山の斎場にこだまする。

才能豊かなアーティスト、
私の青春の憧れのスターに
お別れができて本当に良かった。




c0188784_22394004.jpg



万感こみあげる中、

HIDEKIが私に言ってくださった言葉の中で
一番印象深い言葉を思い出した。

その当時、まだ私の名前はかなり珍しい名前だったので
私の名刺を見て

「みさきさん? ペンネームですか?
 素敵なお名前ですね」



c0188784_22260653.jpg
(↑”美咲”という和バラのブーケ)



「社交辞令的」なものだとは思うけど
屈託ない笑顔で彼が私に言ってくださったエピソードは
私の「持ちネタ」でもある。

両親が私に最初にプレゼントしてくれた最高のプレゼント、
「みさき」という名前。





c0188784_22150126.jpg


私が〇〇年前に生まれた日。
 両親があれこれ考えつけてくれた名前。
そんなことに改めて感謝の気持ちを感じ・・。

そんな特別な誕生日の日に
私に影響を与えてくれた芸能人、
西城秀樹さんとのリアルなお別れの場に立ち会えた。



c0188784_22133244.jpg


そこに駆け付けることができた"年齢より元気な私”のことを
両親が喜んでくれた。

自分の誕生日は、これから何回もくるけど
尊敬する人とのお別れは一生に一度!


HIDEKI!
本当にありがとう!!




c0188784_22385280.jpg



「ええ 誕生日になったなあ~」

 遠く離れた母の言葉も嬉しかった。





c0188784_23304854.jpg





トラックバックURL : https://chanmie.exblog.jp/tb/29517703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chanmie526 | 2018-05-26 23:26 | ブログ | Trackback