今年の目黒川お花見のヒットは「いちごスパークリング」




c0188784_19462365.jpg




お天気が良くピンクの桜と”赤”が可愛い♪




c0188784_19472700.jpg




今年初めて
 このお花見団子↓も目黒川沿いで見つけました@@





c0188784_19481776.jpg



花も団子も
どちらも好き101.png




c0188784_19484920.jpg



お天気が良いので
青空と桜も綺麗で、うっとりしてしまう@@
レンズの汚れ?パープルなハートが?)




c0188784_21520259.jpg



「はし田さん」、期間限定ランチ営業が始まったみたい。
 本当は夜に、またいつか あのお席でお花見したいけど(-_-;)





c0188784_19505565.jpg




ここ最近は はし田屋さんの焼き鳥がお気に入り@@
 行列ができていますが 焼きたてアツアツ、肉厚美味しい~~





c0188784_21223535.jpg



毎年同じような写真を撮ってる気がするけど





c0188784_21570407.jpg



ブログが「アルバム」代わり・・・





c0188784_19524654.jpg



意外と人も少なく
ゆったり見れた平日の午後。




c0188784_21535419.jpg



c0188784_19533962.jpg



c0188784_21564010.jpg




c0188784_21553812.jpg




c0188784_21574701.jpg




c0188784_21545975.jpg




c0188784_22142783.jpg



~ お花見は続く ~




by chanmie526 | 2018-03-29 22:43 | 桜・さくら | Trackback

「泊まらなければ出逢えない
伊勢もある」

というキャッチコピーに誘われ宿泊先は
「いにしえの宿 伊久」




c0188784_19534963.jpg


「伊久」の”おもてなし”は
のんびりとくつろげる細やかな配慮がうれしい。




c0188784_22040137.jpg



このお宿の魅力はなんといっても伊勢神宮まで徒歩で15分の
アクセスの良さ!

 宿の脇道から階段を下り新橋を渡ると、
赤福本店へとたどり着きます~~




c0188784_23485959.jpg




相変わらず 大勢のお客さんで賑わう本店では
五十鈴川を眺めながら




c0188784_00072307.jpg




出来立ての「伊勢の名物・赤福」が味わえるので
人気が高い観光スポットとして有名ですよね?





c0188784_19211224.jpg



↑ お座敷では赤福餅2個(210円)を注文するだけで
もれなく地元の番茶を焙じたお茶のサービス。
「コスパ」良すぎです!!

お伊勢参り」のことを別名「おかげ参り」とも
いいますが、ここ「赤福さん」も
 約300年、ここ伊勢で商売を繁盛して
やってこられた「おかげ」という意を込めて
赤福社長が「おかげ横丁」をつくる音頭をとったそうです。




c0188784_22084906.jpg


もちろん、内宮へと続く昔から栄えた「おはらい町」通りも
賑やかで人通りが絶えず
レトロな町並みが人気のスポットです。




c0188784_22082074.jpg



「食べ歩き」を愉しんだあとは 一度、お部屋に戻り、
夕飯前にお部屋併設の露天風呂で「長寿の湯」と言われる
新美里温泉から運ばれる天然温泉で、ひと息。





c0188784_19194471.jpg



神宮の杜、夕刻の残光が
旅情を自然と高めてくれます!




c0188784_19564241.jpg



20時からの夕飯組には
小腹を満たすための「天むす」が用意されるのも、
加点ポイントですね~




c0188784_23163188.jpg


 夕食前の湯浴みは4つの貸切露天風呂も使用可能で
神々しい伊勢を感じる憩の湯もまた、宿の自慢でもあります。

夕食は料理長おすすめの
「うまし国」三重の食材を贅沢に使った和食。





c0188784_23533646.jpg



旬の食材を自由に使った会席料理が運ばれます~





c0188784_22133083.jpg



伊勢海老や松阪牛、てこね寿司など・・。




c0188784_22151341.jpg



そして今回 一番の目的が
伊勢神宮の「早朝参拝」

いにしえの早朝参りには腹ごしらえのために
「かたぱん」と呼ばれるいわゆる「乾パン?」のような
ものを食していたらしく
その当時の旅人気分を味わえる、これまた「サービス」
(コーヒーサービスもありましたが、ここは「伊勢紅茶」の
 サービスもお願いしたいかも?)





c0188784_19111745.jpg



 「かたぱん」を食したあとは
前日に歩いた脇道を同じように歩くのですが
まったく違う表情の町並みが眼下に広がり

赤福本店が街頭で赤く染まってる?





c0188784_19164455.jpg



早朝参りのお客様のため
毎朝5時から営業しているという「赤福さん

それもまた「おもてなし」マインドのひとつ。






c0188784_19171954.jpg




5時40分。
確かにお客様がいらっしゃいました~~




c0188784_19182241.jpg



いつもは行列のできる本店ですが
朝早くはおすすめ、
お座敷でゆったり出来立て赤福餅を食することができます~




c0188784_19174254.jpg



「おはらい町」通りも静かな朝を迎えています。




c0188784_20135415.jpg




一方「おかげ横丁」も朝の表情は、まったく別物@@





c0188784_19154558.jpg




そして たどりつく大鳥居の前。
確かに普段に訪れる空気感とは違い
背筋も伸びて一礼。





c0188784_23264589.jpg


「誰も踏んでいない玉砂利を踏む・・」と、
以前に友人からその心地良さを耳にしていたので
いつかは・・と思っていたのですが





c0188784_23280971.jpg



次第にあたりが明るくなり新しい朝を迎える神宮の
空気はいつもにも増して神々しい雰囲気が漂います。






c0188784_01255849.jpg



「正宮」参拝。
これより先は撮影禁止。





c0188784_23314398.jpg



参拝後に 空がだんだん青くなり
神宮内の桜に朝陽が差し込み

同じ日に再び参拝に来る予定の私は
その「変化」の撮影も楽しみました~~





c0188784_23334121.jpg




お宿に戻り、朝7時からの朝食は






c0188784_19130233.jpg



「ひと仕事」を終え、尚
有り難さも感じ、優しいお味が身に沁みます。




c0188784_19141045.jpg




「洋食」も選択可!




c0188784_19134524.jpg




五十鈴川沿いの桜は咲き始めたばかりでしたが




c0188784_20172832.jpg




今は満開を迎え
訪れた観光客をもてなしていることでしょう。




c0188784_19215485.jpg



まだまだ知らない「伊勢」がたくさんある・・・。

桜の季節の伊勢路は
やはり、のどかで和みます。

高校時代、なんのありがたみもなく
このあたりで過ごしていた当時の自分に

伊勢の魅力を語ってあげたいと思える時間でした。







by chanmie526 | 2018-03-29 01:50 | 三重県(伊勢鳥羽志摩) | Trackback